2018年8月22日(水) 11:27 チャンピオンコメント(0)

【サイオン】 ルーン・ビルド・立ち回り・カウンター

【パッチ8.20】基本体力自動回復量が低下。シールドの使い方とラストヒット(による最大体力増加)がより重要になりました。

クイックスタートマニュアル

サイオンルーン

フラッシュテレポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q E W Q Q R Q W Q W R W W

ファースト:コラプトポーション

ブーツ:マーキュリー忍者足袋 ninjatabi

シチュエーション:ワーモグサンファイアスプリットビサージュアダプティブヘルムフローズンハートソーンメイルライチャスグローリーオーメンアビサルマスクガーゴイルストーンプレートアーマーソラリ

特徴

長所

■CCの塊
■これぞタンクと言わんばかりの体力
■死んでもファームできる
■武器がなくてもスプリット可

短所

■扱うには運転免許が必要
■集団戦が実は苦手
■勝率が上がるとすぐナーフされる

こんなチャンピオン

以前はEがバグレベルのヒット判定を持ちレーンで無類の強さを発揮していましたがしっかり調整されて地獄へと突き落とされました。

もともと集団戦が苦手でトップでどれだけ育っても試合には負けてしまうっていう人は多かったんじゃないでしょうか。

そんなわけでレーンでの強さを落とし集団戦で活躍できるようにAoEスキルのQを強化、そして無限に体力が増えるWのパッシブ効果を強化することで終盤を意識した立ち回りが可能になりました。

ガチタンクながらミニオン処理の速さとウルトの逃げ性能によりスプリットプッシュが得意なのがこいつの特長です。

しかしCSをしっかりとり、Qを上手く扱えるようになると集団戦でも十分に活躍できます。

サモナースペル

フラッシュテレポート

テレポートガンクは強いしホームからウルトで走ってガンクするのもありです。(その後テレポートでレーンに復帰)

スプリットプッシュもできるのでテレポート大安定です。

ただガチタンクなので集団戦開始前を見計らって飛ばないと孤立して大変なことになるので気を付けてください。

スキルオーダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q E W Q Q R Q W Q W R W W

レベル3まではこの順番で問題はありませんがそこからどの順番で上げていくかは相手にもよります。

Qが当てづらいレンジ系やスタン持ちの相手ならEから上げていくのもあり。

ただしこのEも当たり判定が昔と比べて狭くなったため当てにくいなと感じたらQ上げにしましょう。

序盤で負けくったらWから上げて硬くするのもありますがレーンで勝ちたいチャンピオンなのでQを上げて頑張りたいです。

例えば味方がめっちゃ育ってたりしたらレーンで耐えるという選択肢もありですね。

ルーン

ルーンは大きく分けて3パターンあります。

■パターン1 ハラスに長けた彗星

サイオンのルーン3

以前から愛用されているルーンです。

QもEもCCが付与されるサイオンには最適なルーンとも言えます。

どの相手が来ても通用するルーンなので悩んだらこれにしておきましょう。

■パターン2 CConCCで殴り倒すグレイシャル

サイオンのルーン3

あまり見かけないグレイシャルオーグメントです。

これの代名詞といえばタムケンチですね。

通常攻撃にスロウが付与されるということでQもEも当てやすくなり殴り合いをしても勝ちやすくなります。

そしてなんといってもパッシブとの相性が抜群!

死体になってもこの効果は発動するのでスロウさせながらベシベシ殴れるので相打ちから下手したら1v2も持っていけるかもしれません。

集団戦フェーズに入っても活躍できるのがこのルーンの強みです。

通常攻撃はもちろん、サイオンで積む可能性のあるライチャスグローリーオーメンのアクティブ効果でスロウフィールドを展開することができます。

グレイシャルアクティブ
ジャングル内や相手が固まった陣形をとっている場合は良い効果を発揮できそうですね。

■パターン3 無尽蔵の体力を手に入れる不死者の握撃

サイオンルーン2

こちらは最大体力を恒久的に増加させることができるため体力面でバフをもらったサイオンとさらに相性が良くなりました。

ただし通常攻撃ができるような相手ならば上記の2つのルーンのほうがダメージもでるしレーンでは勝てます。

なのでこれを選択するのは相手がタンク系で落とせなさそうな場合や、集団戦を見据えた構成のときにしましょう。

ただ選択率は低めです。

なおいずれの項目もサブパスは魔道不滅の中で相性のいいものがいくつかあるのでお好みのモノを選択してください。

ビルド

ファーストアイテム

ドランシールドポーション

コラプトポーション

レーンではマナをけっこう使うのでコラプトポーションが安定します。

相手のハラスがきつかったら早めにリコールしてこの二つを揃えてもいいですね。

ブーツ

忍者足袋 ninjatabiマーキュリー

相手を見て選択しましょう。

シチュエーションアイテム

ワーモグサンファイアスプリットビサージュアダプティブヘルムフローズンハートソーンメイルライチャスグローリーオーメンアビサルマスクガーゴイルストーンプレートアーマーソラリ

ことサイオンに関してはこれらすべてがコアアイテムとも言えます。

つまり対面や相手の誰が育っているかなどに合わせて防具を選択していくべきです。

サンファイアを積むことが多いですがプッシュを早めたいだけなら素材バミーシンダーで止めてもいいし魔法攻撃が痛いなら早めにスプリットビサージュアダプティブヘルムアビサルマスクこのいずれかを積むべきです。

フローズンハートはマナとクールダウンが得られてかなり相性のいいアイテムですが相手にサステインの高いチャンピオンがいたらソーンメイルを積みたいところ。

そのほか集団戦を意識するならライチャスグローリーソラリこの二つはお勧めです。

とくにソラリは自身の増加体力がシールドに反映されるので終盤かなり分厚いシールドを味方に提供することができます。

立ち回り

レーニング

スキルを当ててるだけでキルがとれそうなくらいにはレーンが強いです。

しかしダメージ交換する上でWのシールドも使うとなるとマナの消費がかなりキツくなります。

そのためQ・Eは確実に当てられるようにしたいです。

Qは相手のCSに合わせて使うとフルチャージで当てやすいです。

仮に相手が避けてもCSを落とさせることができるのでワースっちゃワースです。

なお毎回こればかり狙っていると「こいつCSに合わせてスキル使う系やな」と思われてQを空撃ちさせられてしまうかもしれません。

そうなるとマナがキツくなるので色んなパターンで攻めましょう。

視界を取られてないブッシュ内からチャージすると相手からはQのインディケーターが全く見えませんが使いどころはレーンをプッシュしたあとくらいでしょうか。

Qはインディケーターの端っこの線らへんでも当たるため個人的な感覚かもしれませんが思ったより遠くまで当たると思います。

可能な限りチャージして高いダメージを与えられるようにしましょう。

相手が死にかけだったり味方がガンクに来てくれているときなどはこの限りではなく状況に合わせて即発動からスロウ付与または逃げ道を塞ぐゾーニング用に使うなりしてください。

Eはミニオンをぶつけるようにしましょう。ダメージが全然違います。

これを直当てをするのは相手が接近攻撃を仕掛けてきたときくらいです。

密着状態でEを当てればほぼ確実にQの打ち上げまで入るのがいいですね。

サイオンは死ぬとパッシブ効果で蘇ります。

このとき相手も死にかけならキルを狙いましょう。

その際QWERいずれかのスキルボタンを押すのを忘れないように。移動速度が上がります。

もし相手が絶対倒せない体力だったりブリンク持ちだったりしたらミニオンをファームしましょう。

経験値もゴールドも獲得できる上にライフスティール効果でかなり生き延びることができるので割と稼げます。

死を前提でタワーダイブする場合は確実に相手を倒せるラインを見てからにしましょう。

タワー下ではなんやかんやすぐ溶けてしまいます。

ウルトを覚えたらレーンで負けることがほぼなくなります。

まずオフェンスに使っても打ち上げ+ダメージで強いこと。

そしてCC無効効果も相まって逃げることも可能だからです。

プッシュしすぎてガンクきたなーって気づいたくらいで使っても十分に逃げられるくらい余裕はあります。

ただ相手がブリンク+フラッシュなどで全力ボディブロックしてくることはあります。(進路妨害して無理やり止めてくる)

逆にそうまでしないと止められないってことですね。

武器がなくてもこのCCスキルたちでダメージが出せてしまうのがサイオンの強いところです。

さらにWの効果で体力もどんどん上がるので中盤以降に向けてビルドの調整を行っていきましょう。

集団戦

頑張ってタンクしながらQを当てるような立ち回りが求められます。

Qはキャンセルさせられるとクールダウンが2秒と次のチャンスはもらえますが距離をとられるたびに詰めなおさなければならないのが難点です。

カイトされて気づいたら溶けていたなんてこともあります。

ここで序盤からどれだけ体力を育てられているかが問われます。

前線で体張りながらQないしはEを当ててCCをまき散らすようにしましょう。

Eはアーマー低下効果があるのでタンクに当ててもいいです。

ウルトは走る距離が長いほうが色々強化されますが単純に打ち上げを狙うだけなら近距離で使ってももちろん問題ないです。

パッシブのプレッシャーもあるので相手はサイオンにゴリゴリ来られるとけっこううっとうしいですが

あまり前にいきすぎて孤立するとかなり脆いです。

微妙な感じになったらウルトを逃げにでも使って、ワーモグで回復してから再度チャレンジするようにしましょう。

スプリットプッシュする場合はとにかく味方の動きをよく見ておくこと。

集団戦に後から入ってもサイオンは1v3のようなマッチアップになると相手を倒しきることはできません。

ゆえにテレポートが遅れたりすると自分だけ残されてとくにキルもとれないままやられてしまうことが多いです。

マップをよくみて、集団戦が始まるなと感じたらすぐに飛びましょう。

仮にそれで飛び損、またはキャンセルすることになってもまだウルトがあるのでなんとか寄ることは可能です。

スプリットが得意とはいえタワーを折るのは遅いほうなのでやはり集団戦でタンクの役割をしてなんぼです。

サイオンにありがちな「俺は勝ってるのにチームは負けた」現象が起きないようにマップをよく見ておきましょう。

それか、ワーモグを利用して永遠にスプリットし続けるかです。

適切にビルドを組んでいれば倒されることはそうそうないでしょう。

体力が1/5くらいになったら離れてワーモグで回復すれば永久機関です。

そのうち相手のほうからサイオンを倒しに寄ってくるかもしれないのでここで集団戦を仕掛けてもいいですね。

サイオンで勝ち切るにはどうしてもマクロ要素が大事です。

逆にレーンでちょっと負けてもここができていれば十分に勝てる力を持ったといってもいいでしょう。

最後まで諦めないように頑張ってください。

対策方法・カウンター

カウンターチャンピオン

リヴェンダリウスレネクトンジャックス jaxチョガスナーフィオラ

レーン対策

ここにあげたチャンピオンはある程度使えないとカウンターとしては機能できません。

とくにサイオンのスキルに合わせてスキルを使ったり、クールダウン中などにちゃんと攻撃したり、マナが枯れたところ見計らって前に出たり、とダメージトレードをしてください。

ナサスガレンマルファイト malphiteムンド Drmundoこういったタンク系、サステイン高い系チャンピオンであれば勝てないけど負けないレーン戦はできます。(ジャングル次第ではもちろん勝てる)

ただし今のサイオンは仲良しファームだとけっこう強くなってしまうのが厄介です。

なので基本的な対策方法としてはジャングラーを呼びこんで倒してしまう、もしくはCSをとらせないようにすることです。

ソロQだしジャングラーがどう来るかわからない場合はハードに戦える上記のカウンターチャンピオンの中から選ぶのがいいかもしれません。

とくにはオススメですがおそらくバンされます。

というよりバンしてきたらサイオン出してくると思ってもいいです。

肝心のレーンでの立ち回りですがまずEからのミニオン飛ばしは頑張って避けてください。

私がよく推奨している「わざと撃たせて避ける作戦」を使ってみるといいかもしれません。

これはいかにも狙ってくださいと言わんばかりの位置でウロウロすることでサイオンのEを誘発する作戦です。

一定間隔で左右にぴょこぴょこ動いているとおそらく読みEをしてくるのでそのときに避けるようにします。

こちらは避けることに意識を置いているのである程度避けられると思います。

これがちょっと難しい場合は相手にミニオンをプッシュさせるといいです。

そのため後衛ミニオンに被るような位置でウロウロしていると最悪Eに当たっても相手はプッシュすることになります。

序盤のサイオンはガンクにけっこう脆いので押させたらすぐにジャングラーを呼びましょう。

次にQに関してですがこれはCSをとろうとすると狙ってくると思います。

フルチャージのQを喰らうとかなり痛いためチャージを開始されたら即座に逃げましょう。

これも、「死にかけのミニオンとろうとしてQを使わせる作戦」で空うちさせるといいです。

現在のサイオンはQ上げが主流なのでとくにこのQには気を付けましょう。

ちなみにQはスタンやノックアップ持ちなら止めてもいいですけど、避けられるなら避けてから殴ったほうがクールダウン的においしいです。

マナを使い切らせたらもう怖いものなしです。頑張ってください。

集団戦対策

タンクを相手にするときはとにかくフォーカスです。

先に落とすのか、それとも相手のキャリーを捕まえるのか上手く連携をとらなければなりません。

あなたがタンク、CC持ち系ならばサイオンの位置を見ておきましょう。

例えばウルトで叫びながらこちらの陣形内に飛び込んできたならキャリーが危険にさらされています。

Qのチャージ中にCCを決めるなどしてピールしてあげましょう。

サイオンは例えばマオカイムンド Drmundoのようにファイト中のサステインはありません。

みんなで叩けば案外すぐ死にます。

さらにサイオンがタンクの使命感を持っているならば陣形の奥深くまでこちらのキャリーを追っかけてくるでしょう。

孤立させて倒すことができればパッシブの復活も怖くありません。

サイオンが引いていくようであれば追う必要もあまりないです。

遠くから何かができるわけではないです、がワーモグを持っている場合は再び戦線に復帰してくるかもしれないのでそこは状況次第と言えます。

どちらかというとミニオン処理能力の高さとワーモグを加味したサステインの高さで永遠にサイドレーンを押されることのほうがうっとうしいと思います。

かといってピックアップしようとするとウルトで逃げられるのでそうなると他レーンやドラゴン・バロンなどのオブジェクトが危険になります。

なのでサイオンのいないところで頑張ってください。

立ち回りでも解説しましたが、サイオンにテレポートを使わせるようなムーブをするといいです。

その後集団戦を仕掛けてサイオンがいない状況を作りだすことができます。

サイオンはとにかくタワーを折るのが遅いので1本程度なら許しても構いません。

その分他で集団戦に勝てばそれ以上のアドバンテージを得られるでしょう。

最後に

今まではレーンで強いだけだったのが終盤にまで使えるチャンピオンとなってしまいました。

パッチ8.16現状はピックorバンとなっていますがピックできるとそれだけでレートを上げられるのでチャンスがあればすかさず取り上げましょう。

使ったことがなくても割りとなんとかなるのもサイオンの良いところです。

キャリー力はそこまで高いとは思いませんが安定したレーニングとスプリットプッシュにより普段トップをやらない人でも楽に立ち回れるとは思います。

あとはマクロを頑張れたらかなり高い勝率を維持できるのではないでしょうか。

カウンターチャンピオンの紹介記事

ダリウスレネクトンジャックス jax


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年8月22日(水) 11:27 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ