2018年4月11日(水) 06:47 チャンピオンコメント(0)

【モルガナ】 ルーン・ビルド・立ち回り・カウンター 

【パッチ8.15】ナーフとメタ変化に伴う勝率低下のため過去データの記述を削除しました。
【パッチ8.15】マナ自動回復量が減少、Eのマナコストが増加。

クイックスタートマニュアル

モルガナのルーン

フラッシュイグナイト

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル W Q E Q Q R Q W Q W R W W

ファースト:スペルシーフエッジポーションポーション

ブーツ:モビリティブーツ

コア:ゾーニャ

シチュエーション:ソラリシュレリアの思念リデンプションツインシャドウアーデントセンサー

特徴

長所

■お手軽ハラスで小銭稼ぎが得意
■サポート最強クラスの長時間スネア
■どんなCCからも守れるスペルシールド

短所

■マナが枯渇しがち
■Qの弾速が遅く避けられやすい
■スペルシールドは反応が遅いと意味がない
■全体的にもっさりしている

こんなチャンピオン

サポ専の人もランクが上がらなくて他のロールをやってみようかなと思っている人もどこオプで嫌々サポをやる人も、モルガナは超オススメです。

Eのスペルシールドがボットレーンでは大活躍。

アリスターのWQだって防いでしまいます。

さらに魔法ダメージもカットできるのでメイジサポ相手には無類の強さを発揮します。(ザイラを除く)

サモナースペル

フラッシュイグナイトorイグゾースト Exhaust

イグナイト、イグゾーストは対面だけでなく全体の構成に合わせて選択しましょう。

レーンで勝ちたい場合はイグナイトがお勧めです。

スキルビルド

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル W Q E Q Q R Q W Q W R W W

インベードの有無によってQやEを最初にとることもあるのでスキルはすぐにとらないようにしましょう。

レベル2では対面のハラスがキツイ場合などQではなくEをとってディフェンシブにいくといいです。

ルーン

モルガナのルーン2

慣れないうちはサブパスにビスケットビスケットデリバリーを選択してもいいと思います。

ビルド

ファーストアイテム

スペルシーフエッジポーションポーション

Wで簡単にお金が稼げるのが強みです。

ですがドットダメージでは1回しか発動しないのでたまに通常攻撃もいれましょう。

ブーツ

モビリティブーツ

サポートはロームやワーディングが重要なので基本はモビリティブーツにしたほうがいいです。

レーンや集団戦を強くするならアイオニアブーツソーサラーこういった選択肢もあるので適宜対応してください。

コアアイテム

ゾーニャウォッチャーの瞳

モルガナといえばゾーニャですね。

サポートアイテムはフロストファングでいったん止めていいです。

シチュエーションアイテム

ソラリシュレリアの思念リデンプションツインシャドウアーデントセンサー

サポートなのでアイテムは2つか3つ積めたらいいほうです。

なのでその時必要なものをここから選んでいく形になります。

集団戦を意識するならリデンプションソラリで守備的にいくと自身のウルトも決まりやすくキャリーも火力が出しやすいです。

エンゲージツールとしてシュレリアの思念ツインシャドウは有効です。

ツインシャドウは視界を得るのにも使えるため単独でワードを置きに行ったり壊しに行ったりするのを助けてくれます。

立ち回り

レーニング

レベル2先行を強く意識する場合はWをとって最初のウェーブの後衛ミニオンを巻き込みながらハラスします。

相手がアリスタースレッシュブリッツのときはレベル2でEをとってもかまいません。すべてのCCを無効にできます。

レベル3になったらゾーニング開始。

ポイントはQを撃たないことです。

初心者の方がCCを前に飛ばせるチャンピオンを使っているときにありがちなのは、とりあえず相手に向かってスキルを使ってしまうことです。

サポートでいえばジャンナスレッシュブリッツなどがこれに当たります。

これらのスキルはヒットすればとてつもない脅威ですがひとたび外してしまうとやることがなくなり相手のターンになります。

とくにモルガナのQは速度が遅いためモーションを見て避けることも難しくはありません。

レーンの立ち位置ですが、モルガナが少し前に出ているだけで相手はミニオンの裏に隠れます

そこへWをしいてハラスをするだけでちまちま削りながら相手のCSを邪魔しつつお金を稼ぎましょう。

「Qをガンガン当てたい!」という方のためにちょっとしたコツがあります。

相手がCSを取るタイミングの少し前、こちらのミニオンのヘルスが1/4くらいあるような状態でミニオンの裏にいるであろう相手にWを使います。

そうすると相手はダメージを喰らいながらミニオンを殴るか・後ろに下がってCSを諦めるか、横にずれてミニオンを取るかの3択になります。

3番目のパターンのときにQを撃てば割と簡単に当てられます。

どのパターンになってもおいしいのでWでハラスするときは相手のCSを意識してみましょう。

味方ジャングラーが介入してきた場合はスキルを外したらすぐにバックピンを鳴らしましょう。

QがCDになるとやることがありません。

敵ジャングラーが介入してきた場合は誰の動きを止めるべきかしっかり判断しましょう。

ここもコツとしては、相手がフラッシュでスキルを避けてくる可能性があるのでできるだけ引き付けてからQを使うといいです。

モルガナ自身に逃げ性能は皆無なのでこのQを当てることが生存能力に直結します。

よってQはかなり大事なスキルになるので使いどころを間違えないようにしましょう。

ロームのポイント

サポートはボットレーンだけでなくすべてのレーンを勝たせることができる素晴らしいロールです。

ADCがリコールするとき、ミニオンをプッシュしてやることがないときはどんどんロームしましょう。

道中敵ジャングラーに遭遇してもQを撃てばすぐ逃げられます。

ミッドへロームする場合はジャングラーのように裏から入るのが効果的ですが相手が真ん中にいればサイドからでも十分Qを当てることが可能です。

この時赤トリンケットコントロールワードで相手のワードがないかはしっかり確認しましょう。

視界をとられている状態でウロウロしているとガンクは決まらない上にボットレーンが危険になります。

ワードがあった場合は破壊して(敵ジャングラーがいれば逃げる)すぐにレーンに戻るべきです。

が、ワードを壊して帰ったふりをしてあえて居座るというのも有効な手です。

その際はボットのレーン状況、相手ミッドレーナーの体力やスキルのCDの状況などで判断してください。

なおスキルを外した場合は速やかにボットに帰宅しましょう。

集団戦

順調にゲームを進められたらコアアイテムをそろえていきましょう。

基本的にはサポートアイテムの進化ウォッチャーの瞳よりもゾーニャを優先します

ゾーニャモルガナのRをうまく使うために必要なアイテムですが何も考えずにフラッシュイン→R→キーンは要注意!

ゾーニャを使ってしまうと動けなくなるので相手は容易にスタンの範囲から逃げ出せてしまいます。

なので集団戦で突っ込むパターンは以下の3つ。

・味方がエンゲージしたあとに2体以上巻き込む形でインする
・敵のエンゲージに対してカウンターで2体以上巻き込む
・自身にEを使いフォーカスを集中させたあとでゾーニャを使う

このポイントを抑えておけば劣勢をひっくり返せるくらいの活躍に期待できます!

あとはQを当てて当てて当てまくるのみ!

ちなみにチームがめっちゃ勝ってるならフルAPビルドにチャレンジしてみてください。

Q当たるだけで相手溶けるのでなかなか楽しいです。

対策方法・カウンター

カウンターチャンピオン

ザイラタムケンチ

レーン対策

カウンターチャンピオンに2体あげましたがまず彼らの説明を簡単にします。

ザイラはお花がモルガナのQを防いでくれます。

またダメージの総量が多いためスペルシールドでは間に合いません。

タムケンチはクールダウンが長いながらもWで味方を飲み込んで助けることができます。

毎回毎回モルガナのQに当たるような味方はちょっと頼りないですがカウンターとして機能します。

その他のチャンピオンでもQにさえ当たらなければどうとでもなるので得意なチャンピオンをピックしてもいいと思います。

レーンにおけるモルガナの弱い点はすべてのスキルのCDが10秒以上あることです。

Eに至っては23秒もあります。

この隙を突いていくところがポイントとなります。

まずはモルガナとの間に常にミニオンを意識していきます。

ですが当然このままではQを使われることなくWでちまちまハラスをされてしまうだけです。

なのであえて相手にQを使わせたくなるような状況を作ることが大事です。

モルガナのQは弾速が遅く、ある程度距離が離れていれば簡単に避けれます。

こちらからすれば「避けるために撃たせている」のでさほど難しくありません。

ここで警戒しなければならないのはブッシュ内からのQです。

モルガナ ブッシュQ

もし相手にプッシュされて、ブッシュの先にモルガナがいる場合は、視界を取りに行くことは諦めて引きましょう。

ミニオンウェーブを待って確実にモルガナが見えてからトリンケットを刺すようにするといいです。

いるとわかっているところにワードを刺す行為は全てのレーン・ロールに置いてやってはいけないことです。

基本的に2v2でモルガナ相手にキルをとることは難しいです。

よほどQが下手かEのシールドが遅いかでないと返り討ちにあうのが普通です。

もし相手のモルガナがスキルをバンバン使ってくるなら問題ありません。

Eのマナコストも上昇しマナ回復も下がったので相手のマナを見て動くといいです。

集団戦対策

だいたいのモルガナがフラッシュインRを狙ってきます。

だいたいそうなのでいったん撃たせてから引きたいところです。

上手いモルガナは集団戦開始したちょっと後に入ってくるのでこれがやっかい。

ゾーニャを撃つ隙もなく溶かすかフラッシュ等で逃げるしかありません。

ただサポートビルドだと火力は大してでません。

サッシュやMRアイテムを積んでいるなら臆せず戦うこともできます。

視界外からのQには一番気を付けたいです。

モルガナの強いところはやはりQのレンジの長さとスネアの長さです。

キャリー系を使っているならば視界のないところは特に注意を払ってください。

最後に

モルガナの魅力はやはり安定につきます。

ゆえにミッドでピックすると死ぬほどつまらないですが安定はします。

サポートだとまだQを狙ったり適切にEを張ったりとやることがあるので退屈はしません。

Qが当たりまくるとなかなか楽しいのでまだ使ったことない人はぜひやってみてください。


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年4月11日(水) 06:47 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ