2018年8月15日(水) 04:26 チャンピオンコメント(2)

【マルザハール】 ルーン・ビルド・立ち回り・カウンター

クイックスタートマニュアル

マルザのルーン

フラッシュテレポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル E W Q E E R E Q E Q R Q Q

ファースト:ドランズリングポーションポーション

ブーツ:ソーサラー

コア:ルーデンエコークリセプ仮面

シチュエーション:ゾーニャモレロノミコンヴォイドスタッフデスキャップバンシーシュレリアの思念

特徴

長所

■相手を絶望に追い込むワンコン力
■プッシュが速くて楽
■少数戦に強い
■ウルトはクレンズで解除されない
■操作が簡単

短所

■パッシブの無敵を考慮してもCCに弱い
■集団戦での立ち位置が難しい
■マナがキツかったらLHが難しかったりと序盤はキツめ
QSSというカウンターアイテムの存在

こんなチャンピオン

最強クラスのウルトでミッドの1v1はもちろんロームしてもアサシンばりの結果を出せる素晴らしいチャンピオンです。

対象指定・即発動・長時間拘束・高ダメージでアサシンキラーとしてもたびたびカウンターで起用されます。

反面そのウルトがない(もしくは対策されている)とかなり立ち回りが難しくCCに弱いため集団戦ではワンミスが命取りになります。

マルザの強みは安定感だと思っているのでミッドをあまりやったことがない方にもオススメできるチャンピオンです。

ただ序盤のレーンがあまり強くないなど弱点はもちろんあります。

改めてマルザの強みを知ってゲームに挑んでみましょう。

サモナースペル

フラッシュテレポートゴーストイグナイトクレンズ

少し前は魔導書でヒールを持つメタもあったほどマルザは最序盤のレーンが弱めです。

一方でキルポテンシャルもあるのでイグナイトも相性は決して悪くないです。

現在はテレポートを持ってやはり序盤でCS等ビハインドしないようにするのがメタのようです。

ロームするにも徒歩勢のマルザにはテレポートがあると便利ですね。

その他追撃・逃げ性能を高めるゴーストやCCの激しいチャンピオンに対してピンポイントにクレンズを積むこともあります。

結局どれにしたらいいのって人はテレポートにしてください。

スキルオーダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル E W Q E E R E Q E Q R Q Q

スキルのスタートはEが安定ですがインベード関係はQが強いです。

視界の確保ができて射程も長めで相手に当たればサイレンスがかかるのでフラッシュ等で逃げられないようにできます。

レベル2はハラスしたりするならQをとってもいいです。

Wの虫を使うとプッシュすることになるのでその辺は状況次第です。

EとQだけで140ものマナが必要ということを覚えておきましょう。

ルーン

マルザのルーン2

メインパスの至高至高英気集中英気集中にしてもいいと思います。

レイトゲームを見越して追火追火強まる嵐強まる嵐にするのもありです。

サブパスは天啓が安定ですがレーンのサステインを上げるためにビスケットビスケットデリバリーを積んでもよさそうですね。

ゾーニャを積む予定があるならストップウォッチパーフェクトタイミングを。

ビルド

ファーストアイテム

ドランズリングポーションポーションorコラプトポーション

サステインが欲しいときはコラプトポーションで。

全然どっちでもありだと思います。

レベル6までがキツければ早めにリコールしてコラプトポーションドランズリングこの二つを揃えるのもいいですね。

ブーツ

ソーサラーアイオニアブーツ

クールダウンアイテムがルーデンエコーくらいしかないのでアイオニアブーツの選択は大いにありです。

火力はもちろんソーサラーのほうが出るので相手に合わせましょう。

コアアイテム

ルーデンエコークリセプ仮面

継続ダメージと言えばクリセプ仮面ですよね。

集団戦ではダメージだけでなくスロウがとても役立ちます。

またルーデンエコーではなくヘクステックGLPを積むのも面白いです。

アクティブでスロウがあれば逃げにも追いにも使えるのでマルザにはありがたいですね。

シチュエーションアイテム

ゾーニャモレロノミコンヴォイドスタッフデスキャップバンシースペルバインダーシュレリアの思念

相手にゼドのようなアサシンがいる場合はゾーニャをコアアイテムより早めに積むのはありです。

あとは純粋にダメージがでるビルドがオススメです。

シュレリアは移動速度を上げることでウルトを確実に決めることができるアイテムです。

これ自体はあまり火力がないので1v1のワンコン力を捨ててキャッチ能力を優先したビルドになります。

立ち回り

レーニング

あんまりスキルでハラスしすぎるとすぐにマナがなくなってしまいます。

Eがついている敵が死ぬとマナがちょっと回復するのでそれを上手く利用していきましょう。

ミニオンキルを通じて相手にEを伝染させられるとおいしいです。

このときEが相手チャンピオンに入ったらQを重ねるとEの効果が延長されダメージトレード効率がとてもよくなります。

ただしこれをやると確実にプッシュレーンになるのでガンクには要注意です。

無理やりEを相手チャンピオンに当てようとすると650という距離まで近づかなければならないので相手によっては逆に攻撃されて危険です。

とくにオールインしてくるタイプのファイター自分より射程の長いメイジとはちょっと相性が悪いです。

なので序盤はスキルを使ってファームしているほうが安定します。

レベル6になればいくらでもキルチャンスが生まれるのでそれまではおとなしくしておきましょう。

Eのドットダメージと虫たちの攻撃のせいでCSは落としやすい部類のチャンピオンです。

これはもう慣れていくしかありません。。。

ウルトを覚えたらワンコンチャンスです。

コンボというほどではありませんが全てのスキルを使ってからウルトを使いましょう。

いきなりウルトは味方のガンクがあるときだけにしてください。

このウルト、クレンズでは解除されませんがQSSでは解除されます。

ただしマルザの詠唱自体はキャンセルされないのでチャネリングをキャンセルしなければダメージは入り続けます。

低レートに初手でQSSを積んでくる意識の高い人はあんまりいないと思いますが相手のアイテムはチェックしておきましょう。

ゼドはマルザがカウンターですがQSSを積めばゼドのほうが圧倒的に有利になるのでとくに注意してください。

味方のジャングラーがCC豊富系な場合はこの限りではありません。

QSSで防げるのはどちらか一方になるので必ずチャンスは生まれます。

さらに相手は1300ゴールドというリソースをQSSに使っているため多少硬くはなっていても火力は出ません。

強気にいっても大丈夫です。

ジャングラーにCCもさほどなく対面が早々にQSSを買ってしまいキルチャンスが生まれなさそうならばロームしましょう。

どこのレーンでもウルトさえ決めてしまえばだいたいキルがとれます。

徒歩勢でありながらマルザのロームが強力なのはやはりこのウルトのおかげと言えます。

集団戦

これは3v3くらいのファイトでもいえることですがフラッシュインウルトは危険です。

相手のキャリーがちょっと前にポジションとってるときはついイキがちになってしまいますが

ウルト詠唱中のマルザは隙だらけで相手にCCがあれば簡単に止められてしまいます。

守ってくれる味方が近くにいれば大丈夫かもしれませんが周りをよく見てからにしましょう。

基本的には後ろのほうからQのサイレンスを入れてEをつけてという風にしているだけでいいです。

その対象はもちろんタンクでも構いません。

なんならピール代わりにそのタンクにウルトを使ってもいいくらいです。

ウルトには割合ダメージがあるのでタンクにもある程度ダメージが通りますしその間にADCやファイターが一緒に殴ってくれたらすぐに落とせます。

QSSも持っていないアサシンやファイターが飛び込んできたらカモです。

これこそいきなりウルトでもいいので止めてしまいましょう。

逆にマルザのウルトがまだある、という情報が相手にあるだけで飛び込んでこれません。

このプレッシャーを利用しながらQWEを回しているだけで集団戦が終わることもあります。

Rなしでも勝てたわくらいがいいですね。

オブジェクトにも強くWの虫たちのおかげでドラゴン・バロン・タワーシージが速い(というか楽)なほうです。

チャンスがあれば積極的に参加しましょう。

対策方法・カウンター

ゼラスエコー ekkoラックスモルガナジグスオリアナ

※サッシュ有

ゼド

レーン対策

スキル射程が長い、スロウ・スネアなどのCC持ちであればマルザに対抗できます。

6までが弱いマルザに対して射程の長さを活かしてダメージトレードに勝ちレーンでの優位を作ります。

EやQをこちらに使ってくる場合たしかに痛いですがすぐにマナが枯れます、落ち着いて対処しましょう。

また虫はAA一発で消えるのでこれも下手に歩いて下がるだけでなくしっかり殴って消したほうがいいです。

6になったあとはCCを利用してそもそも近づかせないようにすればウルトの脅威も半減です。

そうするとマルザはロームしがちになると思うのでマップの管理は怠らず味方に知らせるようにしましょう。

味方が頼りないならロームしているマルザにはへばりつくようにしてください。

PINGすればすぐ引いてくれるような味方であればそのままプッシュしてタワーに圧力をかけましょう。

トコトコマルザがなにも得られずに帰ってきます。

プロシーンではメイジであろうがマルザ相手にはQSSを積むことが珍しくありません。

序盤で有利を作れば作るほどQSSに払った1300ゴールドの差が縮まるので勝っているときこそ積んでいきたいですね。

ゼドなどのアサシンを先出しして当てられてもサッシュを積めば勝てます。

持ち前のハラス力でレベル6までにキルを取ることもできますね。

QSSより武器買いたい・・・この気持ちをどれだけ抑えられるかがマルザと対面するには大事です。

一度騙されたと思ってレベル6QSSロングソードだけのゼドでマルザと戦ってみてください。

余裕でキルが取れます。

集団戦対策

まずあなたがキャリー系を使っている場合はQSSを必ず買いましょう。

マルザ以外にもCC持ちはいるでしょうし決して無駄にはなりません。

マルザは遠目からちまちまスキルを撃ってくるタイプが一番厄介です。

無理に捕まえにいこうとするとサイレンスで何もできず気づけば溶かされているということも少なくありません。

とくに育ってしまっている場合はフラッシュインしてでも早めに落としたいところです。

とはいえクリセプ仮面を積んだマルザは体力も高くそう簡単には落ちません。

そこにゾーニャまで持たれたらキーンされてる内にEとWでやられることもあります。

本当に強いのでチーム全体でフォーカスを合わせないと勝てません。

スプリットプッシュしているマルザがいたら割とカモなので捕まえていいと思います。

確かにプッシュも早くタワー折りも遅くはないですが肝心の逃げ性能が低すぎるからですね。

マルザ専の配信

マルチャレという方がマルザしかプレイしない配信をされています。

上手すぎて参考になるかどうかわかりませんがマルザ好きな方は是非チェックしてみてください。

Twitchのページは→こちら

最後に

対面しても良し、ロームしても良しとどこでも戦えるのが強みのマルザ。

高レートになるとすぐサッシュを買われてちょっとやりづらくなりますがゴールド以下ならばゲーム後半まで買われないこともよくあります。

低レート帯脱出には間違いなくオススメのチャンピオンですしまだ30未満の方もいまのうちに練習しておいて損はないです。

カウンターチャンピオンの紹介記事

モルガナゼド


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年8月15日(水) 04:26 コメント(2)

2件のコメント

  1. 匿名 より:

    ゼトを買いましょうは草

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ