2018年8月26日(日) 04:35 チャンピオンコメント(0)

【マルファイト】 ルーン・ビルド・立ち回り・カウンター

クイックスタートマニュアル

マルファイトのルーン

フラッシュテレポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q E W Q Q R Q E Q E R E E

ファースト:コラプトポーション

ブーツ:忍者足袋 ninjatabiマーキュリー

コア:サンファイア

シチュエーション:アイスボーンガントレットスプリットビサージュアダプティブヘルムアビサルマスクソーンメイルフローズンハートオーメン

特徴

長所

■全チャンプ中最高の物理防御
■インチキタックル
■キングオブ安定
■操作がとても簡単

短所

■序盤はマナがキツくレーン戦は苦手
■シールドはあるがサステインがないためダメージトレードに弱い
■お手軽ゆえ肝心のウルトをミスると戦犯

こんなチャンピオン

超ド安定チャンピオンです。

普段トップやらない人とかはとりあえずこいつ出しておけばレーンでボコボコにされてもなんとかなります。

ジャックス jaxマスターイートリンダメアなどのウザめチャンピオンに対する後出しに強いのもありがたいですね。

サモナースペル

フラッシュテレポート

テレポートからのウルトドーンが最強すぎるのでテレポートにしておきましょう。

スキルオーダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q E W Q Q R Q E Q E R E E

スキルオーダーを書く際に調べていると少しびっくりしました。

まさかQ上げがこんなに人気だなんて。。。

というのも私はマルファイトでQ上げをしたことがありません。

マルファイトってプッシュが弱い上にQでハラスしていると一瞬でマナがなくなって、とくにサステインの高いチャンピオンに対して何もできなくなります。

ですがEを上げることによりプッシュ力がアップ。

さらに普通マルファイトを出すのは対面がADチャンピオンですから、ASを下げることができるので勝てなくてもまず負けなくなります。

かつプッシュさせているので味方のガンクも決まりやすく、Qはそのとき用のスロウ付与の役割で十分だと思います。

Q上げでもいいかもしれませんが、私がオススメするのはE→W→Qの順番です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q E W E E R E W E W R W W

メイジ系のチャンピオンが対面に来た場合はWよりもQを優先していいと思います。

ルーン

マルファイトのルーン2

そんなわけでQと相性のいい彗星がオススメにはなっています。

Qをコンスタントに当てられる相手ならこれだけで何もできなくさせられます。

耐えるレーンになるとわかっているならば彗星ではなく握撃でも、と言いたいところですがここで問題になるのはAAを相手チャンピオンに入れられるのかというところです。

ルーンステータスは物理防御のところを対面に合わせて変えてください。

2段目をアダプティブフォースにしてポーク能力を高めても面白いかもしれませんが防御系が無難です。

ビルド

ファーストアイテム

ドランシールドポーション

コラプトポーション

Qしても意味なさそうな相手がきたらサステインを意識してドランシールドにしましょう。

基本はコラプトポーションが安定します。

ブーツ

忍者足袋 ninjatabiマーキュリー

対面に合わせましょう。

忍者足袋を履くことのほうが多いと思います。

コアアイテム

サンファイア

ファイター系の対面に出すことも多いと思いますしプッシュ力アップもあって相性はかなりいいです。

対面にメイジ系が来たときは魔法防御から積むべきですがそれ以外はこれでいいでしょう。

シチュエーションアイテム

アイスボーンガントレットスプリットビサージュアダプティブヘルムアビサルマスクソーンメイルフローズンハートオーメン

個人的にアイスボーンガントレットは結構好きです。

魔法防御はマルファイト自体にサステインがないのでスプリットビサージュよりかはアビサルマスクアダプティブヘルムのほうが良さそうですね。

その他相手によって防具をチョイスしてください。

APマルファイトについて

マルファイトの楽しみはAPビルドにあります。

ウルトによる無慈悲なタックルだけでとんでもないバーストを叩き出し相手を確実に逃さない対象指定のQ。

一度ハマると病みつきになるレベルで楽しいです。

この場合ビルドは、ファーストアイテムは無理してドランズリングにいかなくてもいいです。

フルAPのバースト力を上げるビルドが強いです。

ルーデンエコーモレロノミコンデスキャップゾーニャヴォイドスタッフ

R→E→Qで柔らかい相手なら確殺できるレベルです。

トロールってわけではないんですが慣れない感じでこれやって負けると戦犯扱い間違いなしなのでちょっと練習してからにしましょう。

立ち回り

レーニング

面白くないくらい淡々とCSをとるだけです。

たまにQを相手に当ててハラスする感じで。

マルファイトを選択する理由のひとつしてこのレーン戦の拒否というものがあるんですが

拒否しすぎて相手が育ってしまうのはいただけません。

AA主体のファイターチャンピオンに強いのでこれらを相手にするときはちょっと強気にいきましょう。

といっても、近づいたらEしてWでペチペチするだけでモリモリ削れます。

バミーシンダーを買えばプッシュにも勝てるようになるのでタワー下に押し付けてCSを邪魔するようにするといいです。

そしてレベル6になるとダイブのセットアップが完了します。

ジャングラーを呼んで自分がタワーを受けるように飛び込むだけで容易にキルがとれるでしょう。

CS差がついてるなら無理をする必要はありません。

むしろガンクを受けないようにウルトは逃げスキルにとっておくのもアリです。

また押し付けまくって暇になったらロームしましょう。

ジャングルでもミッドでもウルトでドーンすれば大抵の相手を倒せます。

このときPINGはしっかり鳴らすように。

味方が合わせてくれなければ歩き損になりかねません。

次に苦手な対面が来た場合です。

ガレンサイオンナサスはマルファイトにとってかなり辛いマッチアップです.

とくにナサスには永遠にスタックを溜められてしまうでしょう。。。

戦えない相手がきたらとにかくセーフティ。

とれるCSをとってまったりする感じです。

適当にプッシュさせたらジャングラー呼んでガンクしてもらって、といった具合です。

ナサスは味方も分かってくれるでしょうからさすがに来てくれるとは思います。

あとはレーン戦をひたすら拒否。

ダイブされて死なないように体力は高めに保っておきましょう。

CSをとるコツはパッシブのシールドを利用することです。

このシールドをただただ削られるだけではもったいないのでダメージトレードができない分CSをとっていきましょう。

レベル6以降はガンク合わせが非常に強力になるのでジャングラーに頻繁に介入してもらえば不利なマッチアップでも勝てます。

もしトップでアクションが起こらない場合はテレポートを利用するか徒歩でもいいのでロームして少数戦を仕掛けましょう。

やることがなくて暇な分、いつも以上にマップをよく見て寄ったり飛んだりっていうマクロを意識することが大事です。

集団戦

いつでもどこでも飛び込めるのがマルファイトの強さです。

気を付ける点は深く行き過ぎないことと狙いにこだわりすぎないことでしょうか。

相手が固まっているからとフラッシュインして全力で打ち上げにいっても味方が付いてこれなければちょっと微妙です。

また育っているキャリーに当てたいがためにウルトを使わずにズンズン歩いているとカイトされて何もせずやられてしまうこともあります。

集団戦の1番手で入りがちですが、それよりも2番手以降、もしくは奥の手として残しておくのが強いです。

「え、まだウルトあんの?」と相手に絶望を与えてあげましょう。

マルファイトに期待されるのはこの集団戦でのウルトくらいです。

逆にこれがあるからどれだけ腐っても活躍できる可能性があり味方もワンチャンスに望みをかけられます。

オリアナのRやアムムのRなんかとのシナジーは絶大ですね。

スプリットプッシュは地味に強いです。

逃げ性能もありますし、相手が寄ってきても味方も近くにいるならカウンターがとれたりします。

対策方法・カウンター

カウンターチャンピオン

ナサスガレンイラオイサイオンランブル rambleムンド Drmundoマオカイブラッドミア

レーン対策

ナサスはとくにハードカウンターです。

何がって無限にスタックを溜める余裕があるからです。

その他サステインの高いチャンピオン、火力リソースが魔法のチャンピオンなどがカウンターに当てはまります。

レンジ攻撃があればマルファイトはQを使う以外対抗手段がないので当然マナがキツくなりますし、マルファイトはパッシブのシールドこそあれどポーション分のサステインしかありません。

細かくダメージを積み重ねてレーンに居られないようにしましょう。

マルファイト相手はレーン勝ってなんぼなんでキルがとれずともCS差を大きくつけたいところです。

レベル6になったら要注意。

ウルトワンチャンスがあるのでプッシュしているならワードをしっかりおいてガンクは警戒しましょう。

またロームしたりテレポートガンクしだすかもしれないのでマルファイトの姿が見えない時はPINGをちゃんと出して味方に知らせるようにしてあげてください。

先にタワーをとれると思うので、ボットとスワップしたりドラゴンをとったりどんどんオブジェクトに関与してゲームを進めていくといいです。

マルファイトはどれだけ腐らせても集団戦で輝ける力を持っているのでそうさせないようにトップで付けた有利を味方に供給していくようにしましょう。

集団戦対策

キャリー系を使っているときはとくにマルファイトの位置に注意してください。

油断しているとフラッシュがあっても反応できずに持っていかれてしまいます。

あまり固まらないで動くのがベストなのでジャングル内を移動するときは注意が必要です。

とくにバロンベイトのような形を得意としているので、視界確保するときはみんなでいくけどある程度の距離を保つとかそういう工夫が必要です。

マルファイトのウルトはスキルで止めることができないので対策するにはゾーニャバンシーを持つしかありません。

あとはマルファイトがいない隙をついて集団戦を仕掛けるのがいいです。

スプリットプッシュは割と強いですがタワーを折るのはさほど早くないので集団戦に勝てれば十分プラスになるでしょう。

またオブジェクトをとるときも警戒してください。

バロンやドラゴンのような場所はチャンピオンも固まりやすくマルファイトからすれば的になります。

最後に

安定感は抜群ですが明確なカウンターが存在するため先出ししづらいのがネックです。

といってもマルファイト自身がガンクに合わせやすいのでなんとかなるのが強いです。

わざわざ練習するほどのチャンピオンではないかもしれませんがトップのピックに困ったらぜひ使ってみてください。

カウンターチャンピオンの紹介記事

ガレンムンド Drmundoブラッドミア


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年8月26日(日) 04:35 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ