2018年7月18日(水) 10:23 LJLに学ぶコメント(0)

【LJL 2018 Summer Split Round3】LJL3強vsニューフェイスの行方は?注目のBCは王者DFMとの対決!

RiftRivalsが終幕し舞台は再び国内にもどりLJLのラウンド3が行われました。

このラウンドはRiftrivalsに出場したLJL3強ともいえるDFM・PGM・USGV3・CGA・BCのニューフェイスがそれぞれ対決する形となりました。

果たしてLJLの上位3チームの牙城を崩すことはできるのでしょうか。

ラウンド3で大金星をあげたのはV3!

PGM・DFMが地力の差を見せつけ2-0で完勝した一方でV3は見事USGを打ち破りBCに続き3強落としに名乗りをあげました。

そんなV3のゲームを中心に振り返ってみたいと思います。

Match1 CGAvsPGM

2戦ともBAN&PICKで勝負ありといった内容でした。

CGAは1か月近い準備期間の間どう対策したのかちょっと意図がわからなかったですね。

少し荒かったPGMの隙を突けなかったのも上位チームとの差でしょうか。

V3・BCが高いパフォーマンスを発揮しているため降格しないためにもこのあとのマッチはさらにプレッシャーのかかるゲームとなりそうです。

ゲーム内容はとにかくムンドを止められなかったことが全てでした。

ノクターンが序盤から何もできなかったことに加えキャリーが育つことなくムンド、ガリオのタンクコンビがすくすく育ち力負けといった感じです。

PGM側からみればRamuneの個人技の高さとOnceのジャングリングの上手さが目立っていたと思います。

Lavieならミッドはそう簡単に負けることはないと思っていましたがジャングラーのプレッシャーというのはガンク以外の部分でもかかってくるというのがわかる試合でした。

Match2 USGvsV3

V3がとにかく強かったです。

Springでは0-2・2-1とほぼ互角の2チームでしたがこのマッチは完全にV3が上回っていました。

ゲーム1のポイントはB/Pから。

USGが流行りのスマイトミッドエイトロックスに対してV3は地味にバフがかかりつづけていたキンドレッドにジリアンを合わせてプロテクトWybernスタイルに。

さらにGugerがブリッツをピックするなど予測不可能な展開になりました。

序盤からWybernが積極的なプレイを仕掛けていきます。

WybernといえばRJ時代から攻撃的なプレイスタイルを好み、ファンの人も多いのではないでしょうか。

残念ながらタンクメタだったこともありチームとしての成績は芳しくなかったですがファイターメタのいまWybernがジャングルの王者に君臨する可能性も出てきました。

6分40秒の場面ではエイトロックスのフラッシュQをフラッシュで避けると同時にトランドルをキルするスーパープレイ!

Wybern キンドレッド

思わず声が出てしまいました。

やっぱり攻めさせたら本当に上手いんですよね。

そして17分30秒あたりからの集団戦。

ここで勝負は決まりました。

V3 集団戦

Wybernを落としにかかるUSGですがキンドレッドのRにジリアンのRもあって落とすことができません。

そうしてるうちにKeymakerスウェインがUSGのど真ん中にフラッシュイン、さらに唯一の逃げ道である左からはレイドボスムンドが襲来。

見事エースを獲得しました。

もうここからはキンドレッドの独壇場。

17キル全てに絡み10/0/7という圧倒的なKDAでゲーム1をとりました。

ゲーム2で輝いたのはcogcogの使うケネンでした。

グインソーをもったADケネンがムンドを完全に封殺。

CS差はみるみる開き1v1ではもうどうしようもない存在になります。

V3 リキャップ

23分、1v1を仕掛けたケネンが相手に囲まれてキルされます。

助けに来たRecapライズが少し遅れたため1v4の状況に陥ります。

しかしここでライズがセラフのシールドとワープポータルにより見事生還。

この時間稼ぎによりチームはオブジェクトの獲得へ繋げます。

そしてここからGugerのブリッツがその存在価値を示します。

視界のない場所へのグラブでラカンをピックアップ。

そしてバロンピットないから予測Qでトランドルを引っ張るとそのままキルにつなげバロンファイトに見事勝利。

バロン獲得後も無理することなく全てのオブジェクトを確実にとりゲームエンド

力の差を見せつける見事な勝ち方でした。

このゲームではケネンが目立っていましたがその他の選手もとてもよかったです。

まずゲーム1で活躍したWybernはグラガスというタンクなチャンピオンを選択しましたが

とても献身的にチームに貢献していました。

以前の彼からはあまり見られないようなプレイでこれもチーム構成の幅を広げる要因になっていると思います。

そしてミッドRecapの安定感。

チーム全体が彼を信頼しているのがわかりますね。

そしてKeymakerの適応能力の高さ。

ラウンド1&2ではメタの変更によりメイジキャラを使いこなせていなかったように感じましたが今回のスウェインはとてもよかったと思います。

上手い人は何使っても上手いんですね。

極めつけがGugerのブリッツ!

ゲーム1ではブリッツじゃなくてもよかったのではと実況解説のお二人に突っ込まれていましたがゲーム2で見事手首をグルングルンさせてくれました。

個人的にはまたGugerキャリーによるファンネリングがまた観てみたいですね。

このゲームにより一気に3位候補に名乗りをあげたV3の今後に注目していきたいです。

Match3 BCvsDFM

2連勝同士の対戦は2-0で王者DFMに軍配があがりました。

結果だけみれば当然のように感じますが内容はとても面白かったです。

最初の見どころはB/Pです。

BCがV3に続きまさかのブリッツピックをみせるとDFMはシェンタリヤのファンネリング戦術へ。

展開が全く予想できなくなりました。

しかし始まってみれば0-7でBCが序盤から圧倒的優位を築き上げます。

それぞれのチャンピオンの体の強さが顕著に表れていました。

しかしここからDFMの猛反撃が始まります。。。

まずはEviのカミールに2キルが入りますがこれにシャットダウンボーナスが加わり900ゴールドを稼ぎます。

一気にカムバックしたエビールが暴走モードに突入。

シェンやソラカなどプロテクトキャリーに長けたサポートチャンピオンのおかげでエビールが全く落ちません。

しまいにはシェンがタリヤからエビールにファンネリングを鞍替えするシーンも(笑)

21分ほどでゴールド差をひっくり返すと28分でゲームエンド。

Evi kamile

BCは悪くなかったです。

DFMが本当に強いゲームでした。

ひとつBCに足りなかったとすればそれはCCでしょう。

スタンやスネアが全くなくブリッツのグラブは場合によっては使えないのでスレッシュやモルガナのほうがよかったシーンがありました。

しかしとても面白い試合だったのでまだ観てない方は是非チェックしてください。

続くゲーム2はまたしてもB/Pから面白くなりました。

BCは前回の反省を活かしCC面を強化。

ラカンにスウェインが投入されました。

一方でDFMはまさかの3スマイト!

解説のRevolさん曰く他リージョンのゲームも含めて初登場とのこと。

ゲーム開始後まずはスマイトをもったエイトロックスがラプターを狩りレベル2先行します。

そしてボットのモルデカイザーもウルフスタートでレベル2を先行するととんでもないことが起きました。

モルデカイザーのパッシブ効果もありボットのレベル差はほぼ2状態になりすでに勝負ありといった状況に。

しかしここで欲張ったYutaponがやらかします。

モルデカイザー スマイト

相手のクルーグもスティールしにいったところ見事囲まれて二人ともキルをとられてしまいました。

せっかく作ったリードがパァに…

ここからゲーム1同様BCが着実にキルを重ねリードを広げていくかと思いきや

Ceros エイトロックス

ラスボス登場

シャットダウンボーナスもありCerosエイトロックスが一気に育ちます。

さらにエビールもキルをとりここから二人のスーパーキャリーが始まります。

21分でBCが一時盛り返すもYutaponが見事なムーブでバロンを阻止。

その後25分で4キル+バロンを獲得したDFMがそのままゲームエンド。

エイトロックスとモルデカイザーが遠慮なくジャングルを食いまくっていたのが印象的でした。

ゲーム内容もお互いとてもアグレッシブで観ていてとても面白かったです。

あとEviにカミールピックさせたらダメですね…

最後に

どんどん新しいメタが発掘されている中で大きく変わったのはキルゲームが増えたことでしょうか。

試合展開も早く見ている側としてはとても面白いのでライオットの狙い通りにはなっていますね。

来週はスーパーウィークということもあり今シーズンの折り返しになります。

V3・BCどちらが3位につけるか、またUSGの巻き返しはあるのか見どころいっぱいで楽しみです。

スマイトミッドに関する記事はこちら

【パッチ8.13】スマイトミッドが強い?適性チャンピオンはこいつらだ!【not ファンネリング戦術】


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年7月18日(水) 10:23 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ