2018年8月13日(月) 01:59 チャンピオンコメント(0)

【リー・シン】 ルーン・ビルド・立ち回り・カウンター

クイックスタートマニュアル

パンテオンのルーン

フラッシュスマイト

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q W E Q Q R Q W Q W R W W

ファースト:マチェット詰め替えポーション

ブーツ:マーキュリー忍者足袋 ninjatabiモビリティブーツ

コア:エンチャントウォリアーブラッククリーバー

シチュエーション:ガーディアンエンジェルステラックの籠手マルモティウスの胃袋ラヴァナスハイドラヨウム youmuドラクサー

特徴

長所

■高い機動力によるガンク能力
■高いサステインによる楽なジャングリング
■アサシンばりの火力とお手軽コンボ
■夢と希望のinSec kick

短所

■Qを当てられなければ厳しい
■スキルが回りすぎてよくわからなくなる
■序盤コケると大変よろしくない
■クイック(スマート)キャスト必須

こんなチャンピオン

スキルの性能が全チャンピオン中でも随一の高さで度重なるナーフやバフを受けてきました。

それでもいつの時代にもリーシンはピックされ、プロの試合でも本当によくピックされていました。(みんな見たがる)

その理由はやはり強すぎるQの飛びつきと汎用性の高いW、そしてRのノックバックによるピックアップ性能でしょう。

Eのスロウやステルス看破も、刺さる相手アカリにはかなり厄介なスキルです。

リーシンはなんだか上級者向けで触るのが怖いっていう人もいるかもしれませんが使ってみると意外とやれます。

というか楽しいです。

ジャングルの1v1は強くタワー下でもどこでもガンクができるリーシンはキャリー力抜群なためソロQでも使いやすいチャンピオンです。

とにかく1回!1回だけでいいからチャンレンジしてみてください。

サモナースペル

フラッシュスマイト

ジャングラーですので、スマイトはお忘れなく。

スキルオーダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q W E Q Q R Q W Q W R W W

レベル1はインベードされたときなんかはWで味方にくっついて逃げられるのでジャングルスタートするまではスキルを取らないことをおススメします。

ルーン

パンテオンのルーン2

メインパス3列目はゾンビワードゾンビワードゴーストポロゴーストポロに変えてもいいと思います。

4列目もウルトをバンバン使いたいなら至極の賞金首アルティメットハンターにしてもいいですね。

サブパスは栄華が安定です。

魂の収穫魂の収穫はころころ変更が来るのでOPメタが来たら使うようにするといいと思います。

ビルド

ファーストアイテム

マチェット詰め替えポーション

マチェットスタートでいいです。

ジャングルアイテム

エンチャントウォリアー青スマイト赤エンチャ

スマイトの色はどちらでも相性がいいです。

純粋に殴り合いを強くするなら赤スキルを当てたり追い性能を求めるなら青になります。

赤スマイト自体にダメージはないので慣れてない方は注意してください。

スマイトをした相手に通常攻撃を入れることでTrueDMを与えられます。

ブーツ

マーキュリー忍者足袋 ninjatabiモビリティブーツ

相手次第です。

モビリティブーツはカウンタージャングルやハードガンク向けです。

コアアイテム

ブラッククリーバーコントロールワード

クールダウン・体力・攻撃力・移動速度アップとリーシンに相性のいいステータスがてんこもりの一品。

Eは範囲スキルなため防御力ダウン効果もAoEで付与させることができます。

コントロールワードは通称75円ジャンプです。

度重なるワードのナーフ、その都度悲しみを受けてきたリーシンですがワードは彼にとって生命線なので

常に2個くらいは持ち歩き非常時はケチることなく使っていきましょう。

シチュエーションアイテム

ガーディアンエンジェルラヴァナスハイドラヨウム youmuドラクサー ステラックの籠手orマルモティウスの胃袋

ガーディアンエンジェルからの復帰性能の高さもあり3コア目に積むことが多いです。

序盤で育ちまくったなら脅威ビルドヨウム youmuドラクサーでアサシンになることも可能。

相手のジャングラーや相手にAP系が多い場合はヘクスドリンカーだけでも積むとかなり立ち回りやすくなります。

リーは状況によってビルドの幅がけっこう広くなりますがよくわからなくなったらガーディアンエンジェルステラックの籠手積んでおけばいいです。

なおマルモティウスの胃袋ステラックの籠手の効果は違いますがライフラインという同名のパッシブなので重複しません。

初手にティアマットだけ積むパターンについて

ジャングルアイテムを進化させずにティアマットに直行する人いますよね。

これはコスパがよく1200ゴールドでAD+25・体力自動回復+50%を得られAAが範囲攻撃になりアクティブ効果も相まってファームが格段に速くなります。

ジャングラーアイテムに真っすぐいく場合、下地のウォーハンマーにいくと思いますがこれより強いということです。

あとはリーシンはマナが必要ないのでジャングルアイテムの進化を急ぐ必要はないというところもありますね。

立ち回り

ジャングリング

ファームするときはパッシブの効果を上手く利用しましょう。

とくに序盤はこれを上手く利用することで高い体力を保ちながらファームができます。

Q→AA2回→Q飛びつき→AA2回とスキルの後にAAを2回挟むようにするだけです。

Wを覚えたらW→AA2回→W→AA2回→Q→AA2回→Q…といった感じです。

Wの2回目はエフェクトが分かりにくく使い忘れやすいので注意してください。

2回目にライフスティールとスペルヴァンプがあるのでジャングリングが楽ということになります。

ある程度レベルが上がって武器を積むと適当にやっても体力満タンでジャングルは回れるのでとくに序盤は意識するようにしましょう。

リーシンはカウンタージャングルがかなり強いです。

ゆえにガンク前にちょっと相手のジャングルを覗いて敵ジャングラーを探しに行くのもありです。

しんどそうにジャングルを回ってたら横取りしてもいいしキルを狙ってもいいです。

ジャングルの位置を確認した上で各レーンにガンクしにいくのもありです。

コツとしてはとくにWのワードジャンプを意識した逃げ道を考えておくことです。

状況次第ではQをモンスターに使って逃げるという方法もありますがこれはクリープの有無、ミニオンの有無に左右されるのでちょっとリスキーです。

相手の寄りが良いならこっちが相手のジャングルに侵入するだけでトップやミッドが寄ってくるかもしれません。

それはそれで味方のレーナーが楽になるのでやはり逃げ道を先に考えておくことがポイントになります。

Qを当てるコツを少々。

これはリーシンに限らず方向指定スキルを当てるコツになりますが

一番簡単なのは距離を詰めることです。

リーシンQ当て方

この位置からでもQは当たりますが相手はこちらのQにかなり意識があると思うので避けられる確率がかなり高いです。

実践ではミニオンもいるでしょうからそもそもQが狙える位置にはいないかもしれません。

赤矢印のように回り込みながら距離を詰めていきます。

相手がフラッシュを持っているならここでもまだQは使いません。

Eでスロウを入れてAAをし続けましょう。

相手がたまらずフラッシュを使ったらここでQを使います。

タワー下まで引っ張られてもワードジャンプ等で被害を最小限に抑えることができます。

また相手のジャングラーがカウンターに来てもWが残っていれば安心ですね。

Qは当たった相手の視界を取ることができるのでカウンタージャングルをするときはこの限りではありません。

バフをやってるか確認したりそこにいたらおいしいっていう場所に使ってもいいです。

Wスキルに関してですが、ワードに使った場合と味方・自身に使用した場合ではクールダウンが全然違います。

味方・自身に使用するとクールダウンが半分に短縮されるので極力ここを狙って使いましょう。

レベル6になってウルトを覚えたら強烈なガンクが可能になります。

例えばこういったところからジャンプして相手を蹴り出すこともできます。

リーシンガンク2

W→Q→R→Qでタワー2発程度に抑えられます。

ドラゴンピット内などを上手く利用して相手の視界がなさそうなところを移動するのも強いです。

リーシンガンク3

Rのキックは相手をノックバックさせてしまうので使い方を誤れば逃がしてしまうこともあるので注意してください。

リーシンのちょっとしたコンボ

Rは真っすぐ相手を蹴り飛ばすためノックバックの最中にQがほぼ確実に入ります。

Q→R→QといったようにQを先に当ててからももちろん飛び込めます。

こちらはRで飛ばしたあと焦ってQを連打しないようにしてください。

相手がノックバック距離の最高到達点に行く前にQを再発動すると手前に着地するため相手と距離が出来てしまいます。

トドメを刺せるときはこれを狙っていきましょう。

インセクキック(inSec kick)について

韓国のinSecというプロプレイヤーが競技シーンでこのコンボを決めたことでその名がついた必殺技です。

概要はQやW・フラッシュを利用して相手の裏側へ飛び込み味方方向へ蹴り飛ばすといった技です。

似たようなことをトリスターナやアリスターでも出来ますがスキルの構成上リーシンが飛びぬけてこのコンボがやり易いですね。

コツは視野の広さです。

蹴り飛ばしたい相手の裏に回り込むにはどうすればいいかを逆算していけばこの技の成功率は格段に上がるでしょう。

「Qを対象に当ててW(フラッシュ)で裏に回り込んで蹴る」だけが方法ではありません。

インセクのモンタージュ動画です。

見ていると「そっからやるの!?」って感じのプレイが多いのが特徴です。

無理してインセクする必要はありませんがこういうことができるっていうのは知っておくといざというときに逆転の一手にもなるので便利です。

まずはトレーニングで案山子相手に練習してみてください。

集団戦

前述したインセクを狙いすぎるのもいかがなものです。

武器積みのリーシンはかなり火力が出るので正面から当たっても十分に戦えます。

またウルトのキックがやはり強力で、これを味方のピールに使うもよし。

タンクを蹴り飛ばして奥にいる相手のキャリーにぶつけてノックアップさせてもよし。

火力が高いのでトドメを刺すにもよし。

と使い方は様々です。

ついオシャレなプレイを求めてしまいがちですが勝つためのプレイを心がけましょう。

パッチ8.15でリーシンは終盤に向けての性能面にバフを受けました。

それでも突っ込み系チャンピオンなのでリードされている場面では苦しいことに変わりはありませんが

得意のピックアップで5v5ではなく少数戦に持ち込めると希望が持てます。

またバロンやドラゴンのスティール能力はジャングル界でも随一です。

とくに生存能力が非常に高いのでスティールは積極的に狙っていきましょう。

対策方法・カウンター

ウディアシンジャオノクターングレイブストランドル

とりあえず1v1とかそのときのメタで強いチャンピオン出しておけばいいです。

あなたの得意なチャンピオンでも構いません。

リーシンを相手にきたならいつも以上にカウンタージャングルの警戒をする必要があります。

1v1に強いチャンピオンであれば逆に相手のジャングルに入ることで単純にジャングルクリープの交換(お互いが相手のジャングルを取るだけ)になりますがそれは問題ありません。

うまめのリーシンはプレッシャーのかけ方が上手なので、ジャングルでばったり出会ったときは甘えたファームはせずに注意を払うようにしましょう。

1v1で勝てるかもしれませんがリーの狙いはジャングルのスティールだけかもしれません。

それを容易にやってのけるのも嫌らしいですね。

あまりにもリーシンがこちらのジャングルに入ってくる場合は視界を確保して味方に寄ってもらいましょう。

味方が全然こない場合はこっちも相手のジャングルに入るしかありません。

今のリーシンは武器積みがメタです。

決して硬いわけではないので育ってしまった場合はフォーカスして落としましょう。

スキルの特性上突っ込んでくるので、そこをCCで絡めとって遠慮なくスキルをぶち込んでライフスティールの隙も与えないようにしてください。

相手のリーがあまり上手くなくてもインセクキックやバロンスティールくらいはどこかで狙ってくるでしょう。

油断しないように立ち回ってください。

リーはプレイヤースキルにかなり依存するので上手い相手が来た場合はこちらも上手そうなレーンを見つけてそこを育てるなりオブジェクトで差をつけていきましょう。

最後に

おそらく初心者の方でリーシンを友達から勧められた方はいないんじゃないでしょうか?

それくらい難しいと言われているチャンピオンですが実際その一面もあります。

けれども初心者とはいえ合う人は合うチャンピオンなのは間違いありません。

スキル構成からもメタに影響されにくいタイプなので使えるとかなり重宝すると思います。

またリーシンに苦手意識を持っている人も少なくないと思うのでそれだけでプレッシャーになりますね。

めちゃくちゃ楽しいチャンピオンでもあるのでぜひチャレンジしてみてください。

リーに対抗しうるチャンピオンの紹介記事

グレイブス


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年8月13日(月) 01:59 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ