2018年9月25日(火) 01:20 チャンピオンコメント(0)

【ケイン】 ルーン・ビルド・立ち回り・カウンター

クイックスタートマニュアル

ケインのルーン

フラッシュスマイト

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q E W Q Q R Q W Q W R W W

ファースト:タリスマン詰め替えポーション

ブーツ:モビリティブーツ忍者足袋 ninjatabiマーキュリー

コア/ダーキン:エンチャントウォリアーブラッククリーバー

コア/影の暗殺者:エンチャントウォリアードラクサー

シチュエーション:ブラッククリーバードラクサーヨウム youmuガーディアンエンジェルデスダンスステラックの籠手スプリットビサージュ

特徴

長所

■ジャングルクリアが死ぬほど早い
■壁をすり抜けられるのでジャングル内の機動力が半端ない
■独自のガンクルートを展開できる
■対戦相手や状況に合わせて形態変化を選択できる
■ダーキンは鬼サステインと高火力で複数相手にも戦える
■影の暗殺者は鬼火力と高い移動速度でキャリーを瞬殺できる

短所

■装備依存度は高め
■変身が遅れると腐りやすい
■ほとんどダーキンしか選ばれない

こんなチャンピオン

状況によって2種類の進化形態を選択できるチャンピオンです。

ダーキンはCCとサステインが強化されたファイターに、影の暗殺者はその名の通り火力と移動速度が強化されたアサシンとなります。

育てばどちらも強いですがチームファイトを考慮してダーキンが選ばれやすいのが現状です。

変身にはガンク(相手チャンピオンを攻撃する)ことがほぼ必須条件であり、序盤をいかにうまく切り抜けられるかが勝利へのカギとなります。

サモナースペル

フラッシュスマイト

ジャングラーなのでスマイトは忘れずに。

スキルオーダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q E W Q Q R Q W Q W R W W

レベル2はWを取っても良いですがEのほうが何かと便利です。

レベル2ガンクをするにもカウンタージャングルするにもEがあったほうがいいですし、カウンタージャングルされたときもEのほうが選択肢を増やせます。

Wのほうがジャングルクリア速度は上がりますがクールダウンを考えるとそこまで早くもなりません。

ルーン

ケインのルーン2

 

魂の収穫がレーナー向けになったこともあり電撃をメインパスに。

それ以外の選択ですがゾンビワードゾンビワードゴーストポロゴーストポロでもいいです。

こちらのほうがとくに序盤など視界確保に役立ちますしカウンタージャングルをやりやすいケインと相性がいいです。

そういう意味ではゾンビワードゾンビワードも相性が良いと言えますね。

火力がほしいひとは目玉コレクター目玉コレクターにしましょう。

サブパスの栄華は影の暗殺者を選ぶならレジェンド:迅速レジェンド:迅速もアリです。

AAに追加ダメージが乗っかるので少しでも攻撃速度が上がると強いですね。

ジャングラーらしく魔道追い風追い風水走り水走りを積むのも悪くないと思います。

ビルド

ファーストアイテム

タリスマン詰め替えポーション

Qをメインにファームするのでタリスマンでスタートしましょう。

ブーツ

モビリティブーツ忍者足袋 ninjatabiマーキュリー

ブーツは状況に合わせて選択しましょう。

ジャングルを荒らしたりガンクしまくったり影の暗殺者になるならモビリティブーツ

ダーキンでチームファイトに特化したいなら忍者足袋 ninjatabiマーキュリーといった選択になります。

コアアイテム

■ジャングルアイテム

エンチャントウォリアー青スマイト赤エンチャ

序盤の1v1を強化するなら赤スマイトです。

青スマイトの利点はスロウはもちろんのこと、ウルトを使うための前準備に便利です。

ウルトは最後にダメージを与えたチャンピオンに対して使用できるため(AoEダメージなら当たった相手全て)いざというときに便利です。

■ダーキン

ブラッククリーバー

ステータス、効果全て相性がいいのでジャングルアイテム完成後はこれを積みましょう。

■影の暗殺者

ヨウム youmuドラクサー

アサシンらしくアサシンビルドでいきましょう。

性能を考えると影の暗殺者でもブラッククリーバーと相性はいいですがわざわざアサシンを選んでいるので脅威ビルドでいきたいですね。

シチュエーションアイテム

ブラッククリーバードラクサーヨウム youmuガーディアンエンジェルデスダンスステラックの籠手スプリットビサージュ

ちょっとややこしいですがどちらを選んでもこれらの武器を積むと強いということです。

ダーキンならブラッククリーバーガーディアンエンジェルデスダンスこんな感じの選択が強いです。

影の暗殺者はヨウム youmuドラクサーガーディアンエンジェルこの順番が良さそうです。

その他必要に合わせて防御アイテム等を積んでいきましょう。

立ち回り

ジャングリング

ケインはイブリンと同じくノーリーシュでラプタースタートができるチャンピオンです。

ただしノーリーシュを味方が活かせないとあまり意味がないのでバフスタートでいいです。

Qの範囲攻撃が非常に優秀なため赤バフ→ラプターの順で狩ってもほとんどのジャングラーより早くカニへ行くことができます。

赤バフはレベル3以降のガンクに活かしたいという方は青バフスタートにしましょう。

ファームのちょっとしたコツですがQは移動中もダメージ判定があります。

なので鎌の振り回しだけでなく移動中も相手に当たるような感じでスキルは使いましょう。(とくにジャングルクリープ)

敵チャンピオンを攻撃するときもできればそれを意識するとダメージアップにつながります。

Qは壁を抜けられるため相手から逃げるときなど使いどころも重要です。

序盤のガンクですがケイン自体にCCがほとんどないためできればCCを持っているレーンに行きましょう。

とはいうものの相手がめちゃくちゃ押していたりフラッシュがないなどの条件が揃っている場合はその限りではありません。

このガンクをある程度積極的にやらないといつまでたっても変身できないのが一つの弱点でもあります。

しかし焦る必要はなく他のジャングラーと同様にやっていれば問題ないです。

もしくは得意のカウンタージャングルを活かす方法です。

Eの機動力を活かして視界の有利を作ったらジャングルを狩っている最中のジャングラーを倒したりレーナーを呼んで一緒に戦ったりしましょう。

相手のほうが寄りがよかったりこっちが視界を取られていてやばくなりそうでもEがあればだいたい逃げられます。

下手に戦闘してフラッシュなどで追撃されないようには注意したほうがいいです。

Eは使うだけで移動速度がアップしますが1.5秒以内に壁に入らないとその時点で効果が切れてしまうので注意してください。

壁に入ることで効果時間を延長することができます。

一度壁に入って抜けた後にもう一度壁に入ることも可能ですが、壁から出ている間(つまり普通の地形)は1.5秒経つと強制的にEが解除されます。

あんまり離れた壁には行けないっていう感じです。

体力を回復することもできるので戦闘中でもこれを上手く使って戦いましょう。

壁の近くに相手がいる場合はケインが壁にいることが分かります。

ケインのE

ケインのE2

なので壁に入ってからガンクを伺うのではなく壁に入ったら立ち止まらずにガンクしましょう。

レベル6になればガンク能力はさらに高まります。

これによりケインは一番手で戦闘に入ることも可能で、タワーダイブもこなすことができます。

ウルトを再使用することですぐに相手の体から出ることもできるのでタワーアグロの切り替え相手のスキルを回避する等使い方は様々です。

順調に育てば10分になるころには進化させることができると思います。

レンジチャンピオンを攻撃していれば影の暗殺者への変身になりますが変身可能状態から4分待つことでダーキンを選択できるようになります。

現状ダーキンのほうが強いとされているのでダーキンに進化する前提で話していきます。

ダーキンになればスキル攻撃によるサステイン、そしてWにノックアップが付与されるようになります。

さらにEやウルトの効果も相まって一人で複数人を相手にしても生き残れるようになります。

そのためさらなるカウンタージャングルやタワーを無視したガンクなどなんでもできます。

フラッシュがない相手や柔らかい相手ならばかなり強気にいってもガンクは成功するでしょう。

一方で影の暗殺者も少数戦は非常に強くADCが孤立している状況ならばEから射程の伸びたWで文字通り簡単に暗殺できます。

機動力を活かしてどんどん場を荒らしていきましょう。

サステインは戦うことで得られるので逃げ性能は高そうでそこまで高いわけではありません。

相手のCCが濃い目ならば無理なダイブや戦闘は避けましょう。

集団戦

集団戦フェーズに入ってもケインは強いです。

自分のいないところでファイトが始まってもすぐに寄ることができますし、ダーキンであれ十分に火力が出せるので多少遅れて人数に不利ができても勝てます。

逆に自分が先に捕まったり、一人でちょっと早めに突っ込んでもウルトとEで生きながらえることができます。

その間に味方が寄ることができるので非常に厄介な存在になれるでしょう。

ダーキンであれば下手に下がるよりQ・Wを回すことで回復することができるので戦ったほうがいいです。

弱点といえば重傷アイテムになりますがガーディアンエンジェルデスダンスを持っていればあまり気になりません。

Qで3体ほど巻き込めばものすごい回復するのでやはり攻めていきましょう。

ダーキンは育っていればマジで止まらなくなるので何しても強いです。

問題は腐ったときです。

変身も遅れて装備も遅れているならばちょっとCCをもらうだけで溶かされてしまいます。

要はウルトで相手の中に入ったはいいもののそこから何もできない状態が腐っている合図です。

こうなったら一番手で突っ込むことは容易ではないので落ち着いて行動しましょう。

3~4コアほどアイテムが揃えばあまり関係なくなるのでそこまでは我慢です。

集団戦をするときもイニシエートやディスエンゲージは味方のタンクやサポートに任せてしっかりノックアップを撒いてフォーカスを合わせるなどチームと連携して動きましょう。

どうしてもアサシンしたくなる場合は素直に影の暗殺者を選択してください。

こちらなら裏取りして孤立しているADCを容赦なくキルすることができます。

チームファイトが苦手、頼れるのは己のみという方はこっちのプレイスタイルでもいいかもしれませんね。

ただ序盤から育てば同じことをダーキンでもできてしまうということは覚えておいてください。

対策方法・カウンター

カウンターチャンピオン

シャコグレイブスキンドレッドラムスカミール

ジャングル対策

序盤の殴り合いに強い、ケインと同じく壁を超えるブリンク持ちといったところがカウンターに当てはまると思います。

そういう意味ではリーシンレクサイなども当てはまりますが終盤のチームへの影響力がどう出るかです。

ケインは腐りながらも耐えれば後半活躍するチャンスが生まれますがリーシンなどは時間が経つにつれ腐っていく傾向にあります。

マクロ面に自信があるなら序盤強いチャンプを当てていけばいいと思うのでそういったチャンピオンが得意なら出していきましょう。

そういう意味ではシャコカミールも序盤やらかすとマズイことになるので自信がないならピックは控えたほうがいいかもしれません。

ラムスなんかはカウンターとしてかなり優秀ですが序盤のジャングルクリア速度が微妙なのでカウンタージャングルにはケアしてください。

ただしケインが入ってきたとしても体力差があれば十分勝てます。

グレイブスキンドレッドはレンジという時点でアドバンテージを持っています。

なおかつブリンク持ちということでジャングル内の1v1ではそう負けることはないでしょう。

おそらくケインはかなりカウンタージャングルをしてきます。

クリア速度の速さを活かしてグロンプ以外のクリープは沸いていれば狙ってくるでしょう。

そのためジャングル内にはしっかりとワードを置いてケインがどこに来ているか常に予測できるようにしておくことが大事です。

当然ポイントを溜めるためにガンクも積極的にしてくると思いますがプッシュしているレーンやCCの薄いレーンには行きづらいと思います。

ここをしっかり読んで危険なレーンにはPINGを、こっちのジャングルに入ってきているなら相手のジャングルを奪うなど後手に回らないようにしましょう。

集団戦対策

変身するまでに優位をとれたらどんどん試合を進めていかないと、ダーキンになられたら終盤息を吹き返してしまいます。

シャコとは比べ物にならないくらい集団戦で活躍できます。

キャリー系は重傷アイテムを積んでまずはサステイン対策をしましょう。

そのサステインも攻撃しないと得られないのでCCで一気に固めることができれば割と簡単に落とせます。

ただしひとたびQに巻き込まれたら引くほど回復するので舐めてはいけません。

そこからウルトでもされようものなら体力はフルに回復されてしまうでしょう…

つまりダーキンはみんなで一斉に落とすしか方法がないのでフォーカスを合わせるためにもちゃんとPINGを鳴らすなどしてください。

取り逃した場合は下手にチェイスしないことをオススメします。

サイドレーンで浮いているダーキンを見かけてもEがあるかぎり追いつくことはほぼ無理です。

無難に正面から守ってください。

影の暗殺者対策

まれに、といっては失礼ですが影の暗殺者を選択してくる人もいます。

しかも舐めているとけっこう強いですこれが。

というよりあまり見ないからこそダメージや移動速度が分からずいわゆるわからん殺しをされます。(結果強い)

ダーキンより早い移動速度で突っ込んでくるのでキャリー系の人は接近に気づけないとひとたまりもありません。

また、ビルドやルーンによってはサステインもそこそこあったりするので案外落ちそうで落ちません。

こちらがタンクなし、CC薄目といった構成ならばめちゃくちゃキャリーされてしまうでしょう。

対策としては他のアサシンと同様にワードをしっかり刺して孤立状態をできるだけ作らないようにすることです。

影の暗殺者は裏取りを積極的に行ってくると思うので、ここの視界さえとれていれば先手で捕まえることもできます。

サポートの立ち回りが重要になってきますが視界の有無を確認して前に出る出ないの判断をしていきましょう。

最後に

生存能力の高さと火力の高さからかなりソロQ向けのチャンピオンだと思います。

リーグオブCCの名の通りダーキンばかり選択されているのが少し寂しいですが影の暗殺者も十分強いです。(人によっては青一択とも)

なによりジャングルクリア速度がめちゃくちゃ早いので使っていて気持ちいいです。

カウンタージャングルもやり易いので普段ジャングラーをやっていて経験値が遅れやすいとかカウンターされてばかりでジャングルが苦手といった方にはケイン非常にオススメです。

操作は難しくないのでぜひ使ってみてください。

カウンターチャンピオンの紹介記事

グレイブスキンドレッドカミール


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年9月25日(火) 01:20 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ