2018年6月6日(水) 02:27 トピックスコメント(0)

【ファンネリング戦術】LoLを全く別ゲーと化すニューメタ?カーサス&ヌヌ やり方・対策方法 【パッチ8.11】

【パッチ8.14】ジャングルアイテムの変更により戦術自体がナーフ。徹底的に弱体化させると明言。

カーサスヌヌ

百聞は一見に如かず。

まずはJapaneseKoreanUGさんが実践した動画をご覧ください。

■見どころ

0:20~ ファーム手順
10:30~ 初めてのウルト
22:00~ AP795の一撃やいかに
25:45~ イブリンに訪れた悲劇
27:00~ 強いのはウルトだけじゃない
28:00~ 本領発揮
42:00~ カーサスに訪れた悲劇
46:20~ GG

こんな感じでカーサス&ヌヌが一目でわかる内容となっております。

この動画を見て気づいたことを踏まえてなぜこのプレイが成り立っているのかを解説していきます。

はじめに

Duo推奨となります。

このプレイをする上で最も重要なのは相方との連携となります。

ピック画面で「やってみる?」みたいな話になってもきっとうまくいかないのでチーム5人の了承が取れない限りはオススメできません。

サモナースペル

フラッシュスマイト

二人ともこれです。

ジャングルをいかに早く処理できるかが大事なのでダブルスマイトでいきましょう。

ルーン

カーサス

カーサス ルーン

ヌヌ

ヌヌ ルーン

カーサスはとにかく魔力が上がるように。

ヌヌは硬くなるように。

スキルオーダー

カーサス

Q→E→Q→W→Q上げ→E上げ→W上げ (R最優先)

ヌヌ

Q→E→W→W上げ→Q上げ→E上げ (R最優先)

カーサスは少しでもファームを早められるようにレベル3はQを上げるように。

ヌヌはWをレベル5にしたら仕事は終わりです。

ビルド

カーサス

<コアアイテム>

メジャイデスキャップ

とにかくAPをフルに高められるビルド構成にしましょう!

ヌヌ

<コアアイテム>

騎士の誓い

ファームを一切させてもらえないので少しでもお金をカバーできるようにするのと移動速度上昇を得られるためコインスタートで。

カーサスを守れるように騎士の誓いを積んだらあとは相手に合わせて硬くなるようなビルドにしましょう。

ポイントその1:ジャングルクリープの経験値

パッチ8.10のこいつです。

パッチ8.10 ジャングル

これの影響でどれだけレベルが上がっても獲得できる経験値は変わらない。

よってカーサスにすべてのクリープを与えることでお金と経験値を一点集中させようということですね。

動画を見てもらってわかるようにカーサスと相手のレベル差がぐんぐん広がっていきます。

みなさんヌヌのWスキルのAP+40%に目がいきがちですが大事なのはまずここですね。

なのでヌヌをやる人は全力でリーシュするけど絶対にファームはとらないことを守りましょう。

またヌヌ自身もレベル9になったらWをレベル5にできるので、そこからはレーンの経験値を吸わない距離でカーサスを見守りましょう。

ポイントその2:二人で一人

カーサスのパワーを最大限に発揮するために常に二人で行動しましょう。

これもあってDUOでなければこのプレイングをするのはほぼ不可能です。

またヌヌのQはモンスターに対して大きなダメージを与えるのでリーシュの際は注意が必要です。

相手がカウンタージャングルにくるかもしれないので立ち位置を調整するなどして視界確保も行っていきましょう。

ポイントその3:レイトゲームにすこぶる弱い

この作戦はカーサスを一気に育てて5人まとめて攻撃できるウルトをメインに戦う方法なので

レイトゲームになるとその差はどんどん失われていきます。

UGさんの動画にもあるように相手が全員ゾーニャ・バンシーを積んできたらもうアウト

ゲームを早く終わらせるためにも迅速に行動し他3人とも連携をとってオブジェクトにもプレッシャーを与えていきましょう。

ポイントその4:結局2v5じゃない

そんなわけで味方3人とも意思疎通を行えてないと全く強みがないんですよね。

3人がわざと集団戦を仕掛けさせてそこにカーサスのウルトを合わせるとか

カーサスが甘い位置にいってわざと死んで相手にダメージを与えている最中に集団戦を仕掛けさせる・オブジェクトをとらせるとか

そういうことができないと勝てません。

対策方法

もし相手にこの二人が来た場合!

ピックで回避するならゾーニャ・バンシーを積むと相性のいいチャンピオンがベターです。

UGさんの動画でもイブリン・ルブラン、そしてADCのカイサはみなゾーニャを積むメリットがありますよね。

とくにカイサはADCの中でも数少ない両刀ですのでここはUGさんからしても想定外だったでしょう。

序盤のカーサスは強くありません。

なのでそこを突いてジャングラーやサポートなどにガンクをしてもらい早々に叩き潰してしまうといいです。

必然的にミッドレーナーはフリーファームのような状態になるので成長する分にはいつもよりはやりやすいです。

中盤になってもカーサスヌヌはジャングルとミッドをいったりきたりするので

相手はグループがやりづらくなります(カーサスが同じ動きしかしないため)

なので人数をかけて一つのレーンをしっかり攻めていれば全体の人数差は作れます。

集団戦はカーサスから遠いところで始めるのがベターです。

ウルトを誘発させていったん退くなども良い手ですね。

それとスキルのクールダウンは覚えておきましょう。

レベル1,2,3で200/180/160秒にクールダウンのあるビルドを積んでいたらその分引きます

試合中カーサスがウルトを使ったらすかさずクリックでチャット欄にメモしておきましょう。

あとはレイトゲームにもっていく意識です。

無理やりセカンドアイテムにゾーニャを買っても構いません。

レイトゲームになってコアアイテムの3つも積めればレベル差もなくなっていますし

普段通りの動きをしていれば勝てます。

正直初見殺し的なところが多いのでこういうコンビがいるっていうことを知っているだけで十分対策はできます。

焦ることなくいつも通りにやりましょう!

プロシーンで対策方法確立か?

6/13のLCK Summer Split KT vs JAGのゲーム2でカーサス&ヌヌがピックされましたが見事対策されました!

ポイントは序盤からノクターンがルルと一緒にミッドをプッシュしているところですね。

これでカーサスとヌヌはジャングルをうまく回ることができずミッドの滞在時間が長くなってしまっています。

加えてボットレーンのモルデカイザーのオブジェクト破壊能力がすさまじく中盤はドラゴンと共に行動することで

カーサスもヌヌもジャングル狩ってる暇がなく結果何もできずGGでした。

もしソロQで出会った場合はプッシュ力の高いチャンピオンをピックするか、もし後出しされた場合でもとにかくプッシュとオブジェクトを意識して試合を進めましょう。

なにせガンクの心配は一切ないので安心して押すことができますね!

まとめ

私はこういうメタが出てくるのはすごくいいことというか、LoLの魅力のひとつだとおもっています。

いまのEUスタイルも最初からあったわけではないですし、全員がジャングルからスタートしたりする時期もありました。

モルデカイザーのデュオレーンとかも面白かったですよね。

あまりメタがぐるぐる変化してしまうとユーザーがついていけずゲームとして成り立たなくなってしまう可能性もでてきますが

色んなプレイが出来ることがLoLの魅力ですよね。

ポケットピック(ジャングルブラウム等)なんかはその良い例だと思います。

カーサスヌヌのプレイ動画やこの記事を読んで「面白そう!やってみたい!」と思った方はぜひ実践してみてください。

LoLの固定観念をつぶすいい機会です。

ただし対戦相手もチームメイトもあまりいい気分にはならないと思います

UGさんが試合終了間際にチームに謝っているシーンがとても印象に残りました。

逆に味方にこの二人がきて負けても「負けたけど面白かったからどんまい~」なんて言えるような気持ちでゲームを楽しめたらいいですね。


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年6月6日(水) 02:27 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ