2018年8月8日(水) 01:27 チャンピオンコメント(0)

【フィズ】 ルーン・ビルド・立ち回り・カウンター

【パッチ8.16】WとRの魔力反映率が低下。強すぎたのでナーフされました。

クイックスタートマニュアル

フィズのルーン

フラッシュイグナイト

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル E W Q E E R E W E W R W W

ファースト:コラプトポーション

ブーツ:ソーサラー

コア:プロトベルトリッチベンゾーニャ

シチュエーション:デスキャップモレロノミコンヴォイドスタッフバンシーメジャイ

特徴

長所

■アサシンらしいバースト力
■圧倒的生存能力を発揮できるE
■序盤から終盤まで腐りにくい

短所

■扱いが難しい
■序盤のプッシュ力が低い
■キルを取ることが求められる
■何をするにもEの使い方ですべてが決まる

こんなチャンピオン

嫌いなチャンピオントップクラスにいると思われるお魚さん。

ケインコスギさんも毎回バンするほど嫌っています(笑)

一番の理由はウルトからの無慈悲なワンコンじゃないでしょうか。

対面する人よりは他のロールの人がバンするようなイメージがあります。

ヤスオゼドのように扱えたらすさまじいポテンシャルを発揮し一人でゲームを決めることもできます。

ブロシル帯である程度使えるようになればゴールドなんてあっという間に上がれることでしょう。

サモナースペル

フラッシュイグナイト

キルがとても重要になるためイグナイトにしましょう。

レーンが苦しくてテレポートを積みたくなる気持ちもわかりますがキルをとれるような立ち回りを練習したほうがいいです。

なおトップレーンでメレータンク相手にする場合はこの限りではありません。

スキルオーダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル E W Q E E R E W E W R W W
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル E W Q W E R E E E W R W W

レベル4でWを先にあげるパターンが特に高レート帯で見かけられます。

バースト力はEをあげても変わらないのですが、その後通常攻撃で追撃する場合にWを上げたほうがこの時点ではダメージが出せます。

またプッシュされていてもタワー下のCSが取りやすくなります。

レベル3までで相手の体力を削っている場合など積極的に攻められる場合はWを上げましょう。

ルーン

フィズのルーン2

少しでも視界の有利をとってロームなどをやりやすくしたいなら3列目をゾンビワードゾンビワードにしましょう。

4列目も、フィズはもともとウルトのクールダウンが短いので他のものに変えてもいいと思います。

レーンをとにかく楽にしたいなら魔道パス天啓パスにするといいです。

ただしキルをとってなんぼのフィズなのでそこを重視するなら栄華パスのこの2つが相性いいと思います。

ビルド

ファーストアイテム

コラプトポーション

序盤のレーンがめちゃくちゃキツくなると思うのでコラプトが安定です。

キツすぎたら早めに帰ってダークシールを購入するとコラプトの効果が上がって少し楽になります。

ブーツ

ソーサラーアイオニアブーツマーキュリー

Eが生命線のフィズにとってクールダウンはとても大事な要素です。

他のビルドでもクールダウンは得られるので必ずアイオニアブーツにしなければならないわけではありません。

相手の構成なども考えて選択しましょう。

コアアイテム

プロトベルトリッチベンゾーニャ

Eを火力スキルとして使うためブリンク用としてもプロトベルトは強いです。

もちろんレーンプッシュに使うこともできるので相性はいいです。

安いし体力が上がるのもうれしいです。

このアイテムが強すぎます。

リッチベンはフィズの最強アイテムです。

QもWも使うだけで同時に効果が得られるのでこれがあるだけで信じられないほど火力が出ます。

ゾーニャは生存能力が著しく向上します。

キーンしている間にEでどこへ飛ぶか考える余裕が生まれるのでかっこよく戦線離脱しましょう。(もちろんキルも狙える)

この3コアでクールダウンが30%得られるのも地味においしいです。

シチュエーションアイテム

デスキャップモレロノミコンヴォイドスタッフバンシーメジャイ

アサシンらしく火力をどんどんあげていきましょう。

序盤からキルをとりまくってダークシールのスタックが貯まっていたらメジャイの選択は大いにありです。

舐めプでもなんでもありません。

ただしフォーカスがキツくなること間違いなしです。

バンシーは相手のCCがハードな場合はありです。

フィズにバンシーがあるだけで相手からイニシエートもやりづらくなるのがいいですね。

立ち回り

レーニング

最初はとれるCSだけとる感じでセーフティにいきましょう。

通常ミッドレーンならレンジタイプの相手がめちゃくちゃハラスしてくると思います。

ここで下手にEを使うと逃げる手段がなくなってしまうので相手のハラスが痛い場合は素直に下がりましょう。

そこでCSを落とす分には仕方ありません。

レベル2になってWをとると思いますがこの時点でもやることはあまりないです。

味方のミニオンが多い状態ならば仕掛けてダメージトレードすることは可能です。

本領はレベル3になってからでしょう。

Eで仕掛けてWを入れてつついたらミニオンにQをいれてブリンク代わりにして逃げるというコンボができます。

もう一つはQをミニオンに使って相手に近づき(もともと近ければQを相手に直接使ってもいいです)AAとEとWをしっかり決める動きです。

後者はミニオンシャワーが危険なのでガンクに合わせるときに使う感じがいいと思います。

またいずれにせよEを使うタイミングは相手のスキルを避けるように使いましょう。

スキルをひとつ無駄打ちさせることでダメージトレードは大きく変わります。

ちなみにEは再発動することですぐさま移動することが可能ですが、再発動すると効果範囲も狭くなりスロウも付与できません。

最大距離でEを使う場合は一回目のEを押した後行きたい方向に右クリックしましょう。

そうすれば0.75秒後に最後にクリックした方向へ飛びます。

Eのダメージ範囲の差はご覧の通り

フィズE
フィズE2

パーティクルは見えます。

けっこう差が大きいので状況によって上手く使い分けてください。

ちなみに威力は変わりません。

レベル6になると相手によってはいくらでもキルがとれる状態になります。

もちろん対面だけでなくロームしたり相手のジャングラーを狙っても構いません。

このウルトも射程距離が伸びるほど威力、範囲が増す効果がありますが当てればなんでもいいです。

相手の逃げ先に撃つっていう使い方もなくはないですが当てられるなら当てたほうがいいです。

この強力なウルトを活かしてロームしたフリからの奇襲がかなり強いです。

ボットレーンへ姿を消したと見せかけてリバーのブッシュ内やドラゴンピット内などに身を潜めて、相手ミッドレーナーの通り道にワードを置いておきます。

ノコノコと現れたところにウルトをぶち込みQで突撃(ドラゴンピット内からならEで壁抜け)して一気に畳みかけます。

徒歩勢ゆえ下手にロームするよりはこうして奇襲からの1v1をしたほうが戦果は上がりやすいですね。

タワーダイブは得意な方ですが、Eを使ってタワー下の相手に攻撃する場合は注意してください。

帰り道にQを撃てるミニオンがいないと普通にタワーダメージ喰らいまくって死ぬことが多々あります。

ダイブするときは家に帰るまでを想定してからにしましょう。

序盤スノーボールに成功すれば相手がよほどCCハードかチームワークが良くない限り勝ちです。

集団戦

まともに正面から当たるのは難しいです。

どうすれば相手のキャリーに近づけるか、を考えながら立ち位置を決めましょう。

集団戦が始まってゴチャゴチャしだしてから動くのが賢明だとは思います。

アサシン共通事項ですがそもそも集団戦より少数戦を得意としているので、スプリットしている相手を狙ったり、ジャングルでベイトしたりするのが一番いいです。

中盤以降なら相手の赤バフ、青バフ付近にコントロールワードを置いてキャリーが取りに来たところを狙ったり

バロンらへんでにらみ合いしていたら裏から入るなどそういった動きが強いです。

くれぐれも育ったからといって4人5人もいるところに先頭で突っ込まないようにはしてください。

対策方法・カウンター

カウンターチャンピオン

ブラッドミアマルザハールカサディンゼドジェイス

レーン対策

ある程度プッシュの強いチャンピオン、ハラス能力の高いチャンピオンであれば誰でも勝てます。

オリアナジグスはプッシュ能力もあるしAAが強いタイプのチャンピオンなので一見勝てそうに見えます。

が、フィズが我慢強くちゃんとしているタイプなら立ち位置に気を付けないとボコボコにされます。

しっかりタワーを削ったりワードを置いてガンク対策するなどしてゲームの有利を作っていきましょう。

ミニオンを押し込んでタワー前でウロウロしているとおおよそフィズはタワー下のミニオンを無視して突っ込んでくると思います。

このとき下手に逃げると一方的にやられるのでしっかりやり返しましょう。

フィズが体力満タンでハラスが全くできてないならばそもそも身を引いてください。

押し込むほどに相手のジャングラーを呼びこむ可能性が高まります。

トップかボット側どちらかにワードは必ず刺しておき、ワードを置いてる側にポジショニングしていつガンクがきても逃げられるようにしておきましょう。

フィズにキルを取らせず適度にCS差をつけられたら勝ちです。

ロームするときやフィズがミッドレーンから見えなくなったときは注意。

狙われているのはあなたかもしれません。

味方にフィズがいなくなったことを知らせるのはもちろん通り道のブッシュには要注意。

よくあるのが、見えなくなってからワードを置くことです。

フィズがいない→ボットに寄る→リバーのブッシュにワードを置く→そこにいてやられる

この流れですね。

ブッシュにはフィズがいるかもしれない、と常に最悪を想定して動きましょう。

フィズとの対決はEとの駆け引きが全てです。

序盤のEのクールダウンは10秒以上あるのでファームに使っていたりしたらそのチャンスは逃さないようにしましょう。

集団戦対策

スタン、スネアで止めてしまえばフルAPフィズなら簡単に死にます。

もちろん上手いフィズはそれをEで回避してくるのですが

連発できるわけではないので味方のスキルと上手く連携して当てていきましょう。

CCに捕まったフィズには遠慮なく最大火力をぶつけましょう。

変にキルを譲ったり火力リソースを削るとゾーニャを使われたりEのクールダウンが上がったりして生き延びてしまいます。

マスターイーワーウィックのようなサステイン高い系チャンピオンによく見られるキルしたと思ったらできてないやつですね。

とにかく育つと手の付けようがなくなるので序盤でいかに腐らせられるかが勝負です。

フィズはタワーシージ能力も、タワー防衛能力もないのでオブジェクトを意識していれば勝てると思います。

もしフィズが育ってしまった場合はフィズと戦わないことを考えて立ち回りましょう。

フィズがスプリットとかしてたら一気に集団戦を仕掛けるかオブジェクトを攻めれば有利はとれます。

日本一フィズが上手い男

間違いなく日本一フィズが上手いのがごっふぃです。

彼がInQするとフィズのバン率が高くなり常にピックできるわけではないですがめちゃくちゃ上手いので興味がある方はぜひチェックしてみてください。

チャレンジャーということもあってフィズ以外のプレイもすごく上手いです。

Twitchのぺージはこちら

なお配信には少しクセがあるのでご注意ください。

最後に

ソロQでレートを上げるのにはかなり強いチャンピオンだと思います。

またブロシル帯であればフィズを止められる人は少ないでしょう。

スキルマッチアップ次第でカウンターチャンピオン相手にも十分戦えるので

ぜひ練習してみてください。

カウンターチャンピオンの紹介記事

ブラッドミアゼド


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年8月8日(水) 01:27 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ