2018年6月3日(日) 08:36 チャンピオンコメント(0)

【ダリウス】 ルーン・ビルド・立ち回り・カウンター 

【パッチ8.19】WとEがバフ。タンクに対して更なる脅威を得ました。ランクを上げたい人は今のうちです。
【パッチ8.15】カウンターチャンピオンの情報を更新。テレポートナーフによりオススメをゴーストに。

更新情報:パッチ8.11以降トリニティフォースの採用率が上がったためコアアイテムに変更しました。

クイックスタートマニュアル

ダリウスのルーン

フラッシュゴースト

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q W E Q Q R Q E Q E R E E

ファースト:ドランシールドポーション

ブーツ:マーキュリー忍者足袋 ninjatabi

コア:トリニティフォース

シチュエーション:タイタンハイドラステラックの籠手 ライチャスグローリーデッドマンプレート オーメン

特徴

ロール:ファイター・タンク

レーン:トップトップ

長所

■パッシブによる殴り合いがすさまじく強い
■とにかくレーンが強い
■武器を積まなくても火力が出る

短所

■徒歩勢
■スキルの射程が短く対策されやすい
■ちょっと腐ると集団戦で何もできない

こんなチャンピオン

高いBan率と安定した勝率をキープし続けるサモナーズリフトのゴリラ代表ゴリラ

一度スノーボールし始めるともう止まらない。

そのサイズは野を超え山越え海をも超える大きさに。

そんなゴリラを見て「俺もあんな風にキャリーしてみたい・・・」と思ったプレイヤーは少なくないでしょう。

しかしいざやってみると

「またガンクwww」「ベイビーシッターOP」「ボットガンクいくぜ!徒歩で」

こんなことになりませんでしたか。

安心してください!

このゴリラはトップレーン最強チャンピオンです。

使い方さえマスターすればレートは青天井。

ゴールドどころじゃありません。

というわけで今回はサモナーズリフトに生息する最強ゴリラ・ダリウスを紹介します。

サモナースペル

フラッシュゴースト

ゴーストとの相性は非常にいいです。

殴り合いが強いのでトドメを刺すのにもってこいですし

ブリンクがないので逃げスキルとしても使えます。

テレポートがナーフされたのでレーニングを強くしていくメタにあります。

よほどテレポートガンクに自信がない限りはゴーストでいいかもしれません。

スキルオーダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q W E Q Q R Q E Q E R E E

Qからスタートした場合はミニオンを巻き込みながら相手に当てることになると思います。

レベル2先行を確実にとりたい場合や対面がレンジチャンピオンの場合はQスタートが良さそうです。

レベル2ではWをとるかEをとるかは状況で判断しましょう。

Wはクールダウンも短くスロウを付与できるのでダメージ交換もできるしガンクにも合わせられます。

Eでもガンクに合わせると強いですが外してしまう可能性があることとクールダウンが長いのが難点です。

W上げよりE上げ?と思った方はEのパッシブ効果にご注目ください。

これを上げるだけで物理防御貫通効果を得られるからですね。

クールダウンの短縮もありがたいです。

ルーン

ダリウスのルーン2

征服者との相性が抜群です。

ダリウスのパッシブ大出血ダリウスパッシブはAAかスキルでダメージを与えると出血スタックを付与し5秒間ドットダメージを与えます。

それが征服者の発動効果をリフレッシュするので実質無限にダメージが増加します

征服者ルーン登場以降ピック率が上昇したのもこの効果ですね。

その他サブパスなどは好みや対面で変化させてもいいと思いますが打ちこわし打ちこわしボーンアーマーボーンアーマーが万能です。

ビルド

ファーストアイテム

ドランシールドorドランズブレードポーション

ダリウスはブリンク持ちとレンジ系チャンピオンには弱いです。

距離を取られるとダメって感じですね。

なので基本的にはドランシールドがオススメ。

Qの体力回復効果もあり高いサステイン能力を発揮できます。

一方で殴り合えそうなメレーチャンピオンが相手ならドラン剣の選択肢もあり。

ブーツ

マーキュリー忍者足袋 ninjatabi

集団戦で少しでも動けるように基本はマーキュリーを選択しましょう。

相手がオールADなど物理ダメージに偏ってる場合は忍者足袋 ninjatabiでもいいと思います。

コアアイテム

※いずれか片方を積んでください。

ブラッククリーバー

ダリウスのために存在するアイテムといっても過言ではないくらい相性がいいです。

パッシブの出血スタックは物理ダメージなので一回AAをいれるだけでクリーバーのスタックが5個、そして5秒間移動速度が上昇したままになります。

つまりここからもうただのゴリラになるわけです。

とくにチームにAD系チャンピオンが多い場合や相手にタンクが多い場合はトリニティフォースよりこちらをオススメします。

トリニティフォース 今のメタはこっち

移動速度上昇はクリーバーと同じ。そしてクリーバーとの違いはやはり一発の火力。さらにASも上がり単純な攻撃力はトリニティフォースのほうが上と言えます。

パッチ8.11以降のファイターメタでトリニティフォースの採用率がブラッククリーバーを超えました。

征服者ルーンとの相性が非常に良く高いダメージをTrueダメージに変換することで誰でも相手にできるのが強みです。

シチュエーションアイテム

タイタンハイドラステラックの籠手 ライチャスグローリーデッドマンプレート オーメン

ここからは対戦相手や試合状況に応じてビルドを組みたてましょう。

武器を積まなくても火力がでるダリウスにとってタイタンハイドラは相性がかなりいいです。

防御アイテムを積むことでヘルスを高くしつつ殴り回数を増やすことで火力の底上げにもなりますしアイテムのアクティブ効果で出血スタックを溜めることもできます。

またステラックの籠手も集団戦で活躍します。

そのほかライチャスグローリーデッドマンプレートはブリンクを持たないダリウスのエンゲージツールとして

オーメンは純粋に耐久力を高めるために

必要なものを揃えていきましょう。

立ち回り

レーニング

まずはスキルをしっかりと理解しましょう。→日本語攻略Wiki

Qを当てる際は円の外側を当てるように!

WはAAキャンセルができるのでAA→W→AAとすることでより早く大きなダメージが出せます→AAキャンセル

レベル2先行はもちろん意識しますが、ならないといけないわけではありません。

先になるか、相手が先かを意識して立ち位置を変えましょう。

基本的には相手に突っ込ませたほうが強いです。

AA→W→AA→Qで逃げようとする相手をEで捕まえてさらにAAいれてWいれてといった感じで殴るとめちゃくちゃ火力出ます。

Eから入るのはどちらかというと悪手です。

5スタック溜めるのは容易ではないですし追いすぎるとミニオンシャワーなんかで痛い目にあいます。

ブリンク持ちに弱いのはこのせいですね。

さらにダリウスはガンクに弱くプッシュしすぎるとすぐにジャングラーを呼ばれてカモられるので

相手がまったく何もやる気がなければこちらもスキルは極力使わずレーンの真ん中らへんで戦えるように意識しましょう。

Qだけを当てにいくのはやめといたほうがいいです。

相手チャンピオンに当たらずミニオンを巻き込めば必然的にプッシュレーンになります。

レーンを引いてる状態でガンクされてもダリウスなら1v2を捌ける能力を持っています。

特に低レート帯ではQの回復量や出血スタックのダメージ量をわかってないことが多いですね。

レベル6になってファージを持っていたらAAしながら追っかけて5スタックでウルトすればだいたいの敵は溶かせます。

腐ると本当に何もできなくなるので序盤はキツいマッチアップになったら耐えて耐えましょう。

集団戦

ダリウスのイメージといえば硬いくせにダメージが出る、だと思います。

故に集団戦では相手陣営のど真ん中で斧振り回してるだけで強い!っていう印象がありますよね。

実際は育ってるから手がつけられなくなるだけなんです。

同じような感じでリヴェンイレリア Ireliaレネクトンなんかもそうです。

いざ自分が使うと序盤0/3/0みたいになって集団戦で突っ込んで何もできず死ぬなんてことありませんでしたか。

この手のチャンピオンはスノーボールしたときの印象が強すぎてギャップがやばいんですよね。

トップチャンピオンのBan率が妙に高いのはそのせいです。

上記に挙げたチャンピオンなんかはCCもしっかりあるし集団戦ではまだ活躍できるほうですが

ダリウスは活躍させようと思うとそれこそ育ってないと何もできません

自身がブリンクもなくエンゲージするにも歩いて近づくことしかできないため

中長距離からCCを喰らったりハラスされたら前に出ることすらできません。

集団戦でダリウスができることはEで味方のピールや相手のスキルを止めたり(マルザのウルトとか)

ヘルスの少ない相手にダンクを決めてトドメを刺したりといったところです。

フォーカスされたら下手に引くのではなくできるだけ多くの相手を巻き込む形でQをいれて回復しましょう。

タンク・ファイター系に求められるのは相手キャリーへのフォーカスですが

ブリンクなしゆえ近づいてる最中に死んでしまう可能性が非常に高いです。

なのでブラッククリーバーならアーマー減少効果、トリニティフォースなら追加ダメージ、さらにウルトの確定ダメージなどを利用して

手前の殴れる敵(主にタンク)から殴っていっても問題ありません

一番手で突っ込むのだけ注意していれば

あとは味方キャリーに任せましょう!

対策方法・カウンター

カウンターチャンピオン

エイトロックスパンテオンレネクトンリヴェンヨリック ケネンナーティーモライズ

レーニング

立ち回りの項目で弱点について多く触れました。

レーンでは圧倒的にレンジチャンピオンに弱いです。

スタン持ちだったり攻撃を無効化したりサステインが高かったりブリンクシールドがあるとダリウスを翻弄できます。

ヨリックはレーンに強くWの輪っかでダリウスのWを無駄に消費させることも可能で全く寄せ付けません。

しかしダリウスを舐めないように。

相手のほうが上手ければ余裕で負けれますのでQやEを無駄に使わせて隙が出たところをきちんと攻めましょう。

プッシュさせてジャングラーやミッドレーナーを呼ぶのも十分にありです。

ダリウスを育てたくないのはチームの共通事項になると思われるので

機会を設ければチームメイトもしっかり強力してくれるでしょう。

レーンで育てさせなければ前述のとおり集団戦では何もできなくなります。

序盤で勝負を決めてしまいましょう。

集団戦

残念ながらレーンで育ってしまったダリウスの対策はみんなで止めることです。

ダリウスが一人で突っ込んできたら勝機あり、CCで絡めとって一気に落としてしまいましょう。

このときメレーの人は出来るだけくっついてQの外側に当たらないように気を付けてください。

ダリウスが集団戦に後入りしてきたら絶望的です。

ダンクシュート3連発決められてGGになるでしょう。

ダリウスがいないところで集団戦を始める場合はテレポートの有無や距離をよく見てから仕掛けるようにしてください。

回復が面倒ならエクスキューショナーブランブルベストモレロノミコンこういった回復阻害アイテムを早めに購入して対策しましょう。

最後に

ダリウス相手に来たら嫌いだけど使ってみたら弱い!?って人向けに書いてみました。

実際立ち回りさえしっかりすればレーンでは最強クラスなので

よかったら練習してみてください!

カウンターチャンピオンの紹介記事

エイトロックスパンテオンレネクトン


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年6月3日(日) 08:36 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ