2018年7月4日(水) 01:27 トピックスコメント(0)

【LoL】アジア競技大会2018予選の結果とeスポーツ最新情報!日本からはハースストーン(HearthStone)とウイイレ(ウイニングイレブン2018)が本戦進出!

アジア競技大会(アジアきょうぎたいかい、Asian GamesまたはAsiad)は、第二次世界大戦後、インドの提唱により始められた、アジアの国々のための総合競技大会。アジアオリンピック評議会(OCA)が主催するため、「アジア版オリンピック」とも言われている。略称で「アジア大会」と呼ばれることもある。

(Wikipediaより)

というわけでそんなアジア版オリンピックに2018年第18回アジア競技大会inジャカルタから「e-Sports」が「デモンストレーション競技」として実施されることとなりました。

2022年中国・杭州で開催される第19回大会から正式にメダルメダル種目として扱われることも決定しているようでまだまだe-Sportsが浸透していない日本にとっても大きなチャンスとなるのではないでしょうか。

5つの地域・22の国から予選を行う

主催国のインドネシアは予選免除。

残りを7枠を5地域・22か国で争う予選が開催されました。

日本は死の組と言われる東アジアのグループに入っています。

東アジアグループ参加国は

■韓国
■中国
■チャイニーズタイペイ
■香港
■マカオ
■日本

と世界でトップのリーグが見事に揃いました・・・

ここから上位3か国が本戦出場となります。

予選概要

結果からBO1形式の総当たり×2の10戦と思われます。

6月22日に結果のみ公表された以外の情報はほとんどなかったようでどこがどこに勝ったかも分からないようです。

その結果は以下の通り

■韓国         8-2
■中国         8-2
■チャイニーズタイペイ 8-2
■香港         3-7
■マカオ        1-9
■日本         1-9

というわけで残念ながら日本は予選敗退という結果になりました。

勝ち抜いた上位3か国は世界レベルで見てもトップなので仕方ないですね・・・

しかしこの日本の1勝がどこからとったものなのか気にはなりますし韓国や中国相手にどんな試合をしたのかも観てみたい・・・

韓国のみ?配信されていました

TwitchのLCK_Koreaチャンネルにて予選の様子が配信されました。

こちらはおそらく韓国の試合を放送されているようで、この配信では韓国vs日本の試合が観られます。

韓国は

■Kiin  (Afreeca Freaks)
■Peanut (Kingzone DragonX)
■Faker  (SK Telecom T1)
■Ruler  (Gen.G)
■CoreJJ (Gen.G)

とまさにオールスターのようなメンバー構成です。

Ceros率いる日本代表が一体どんなゲームをしたのかはあなたの目で確認してください・・・

※追記

日本vs韓国のクリップがありました。

こちらのYoutubeチャンネルではその他の韓国戦が観られます。

また現在の本戦の様子も一部アップされているので興味がある方はチェックしてください。

ちなみにまぁまぁボコボコにされていますしコメント欄もまぁまぁディスられてるので閲覧注意です。

予選全試合の配信予定は?

配信チャンネルがありました。

AESFトーナメント→Twitch

配信スケジュールがちょっとわからないので日本戦が放送されたら告知していこうと思います。

なおLoLの本戦は8月18日~9月1日に行われるようです。

デモンストレーション競技ということもありテレビ放送はさすがになさそうですが配信があるといいですね。

本戦の開催スケジュール

※日本eスポーツ連合Twitter様の画像をお借りしています→Twitter

アジア競技大会

日本から本戦に出場できたゲームタイトルはハースストーンウイイレの2種目のようです。

放送に関しては、日本国内ではTBSが権利を持っているとのことでTBSがテレビ放送でもしない限り見られないと思われます。(つまりほぼない)

しかし海外の方がTwitchやYoutubeで配信しているのは見られるようなので気になる方はチェックしてみましょう!(lol asiaなどで検索すれば見つかると思います)

なおジャカルタと日本の時差は-2時間です。

つまりこの放送時間から+2時間で計算してください!

League of Legends

組み合わせ

●グループA

韓国
中国
ベトナム
カザフスタン

●グループB

台湾
サウジアラビア
インドネシア
パキスタン

試合形式

グループステージは各チーム2回ずつ対戦して上位2チームがそれぞれ準決勝進出となります。

準決勝はBO3(2本先取したチームの勝利)、決勝はBO5(3本先取したチームの勝利)です。

ちなみにBOはBest of~の略です(たぶん)

結果

●グループA

韓国 中国 ベトナム カザフスタン Total
韓国 × 2-0 2-0 2-0 6-0
中国 0-2 × 2-0 2-0 4-2
ベトナム 0-2 0-2 × 1-0 2-4
カザフスタン 0-2 0-2 0-2 × 0-6

●グループB

台湾 サウジアラビア インドネシア パキスタン Total
台湾 × 2-0 2-0 2-0 6-0
サウジアラビア 0-2 × 2-0 2-0 4-2
インドネシア 0-2 0-2 × 0-2 0-6
パキスタン 0-2 0-2 2-0 × 2-4

●準決勝

韓国vsサウジアラビア

2-0で韓国の勝利

台湾vs中国

1-2で中国の勝利

●3位決定戦

8月29日 日本時間13ごろ~

台湾vsサウジアラビア

3-1で台湾の勝利

●決勝

8月29日 日本時間15時ごろ~

韓国vs中国

1-3で中国の勝利

優勝は中国となりました!

MSIに続いてまたもや中国が韓国を上回りました。

Uziはやはり世界一の男でしたね。

Mlxgのリーシンも半端なかったです。

アジア大会とはいえもともと世界の中でもトップを争うリージョン同士の対決だったため目新しい感じはありませんでしたが

国を背負って普段は敵同士のチームメイトが一緒に戦う姿は他のスポーツに通ずるワクワク感がありとても楽しかったです。

ハースストーン

8月31日 日本時間11時頃~

赤坂哲郎(Tredsred)選手が出場されます。

Twitterツイッターアイコン

結果

トーナメント初戦のインド代表Tirth Mehta (Gcttirth)氏と接戦の末2-3で敗れてしまいました。

赤坂選手は悔しさを噛みしめながらもすでに次を見据えているようです。

今後の活躍に期待しています。

ウイニングイレブン2018

9月1日 日本時間12時頃~

相原 翼(レバ)選手杉村直紀(SOFIA)選手が出場されます。

SOFIA選手 Twitterツイッターアイコン

レバ選手はSNSをされてないようです。

結果

日本代表が優勝しました!!

本当におめでとうございます。

グループステージを3戦全勝と圧倒的な力で勝ちあがり勢いそのままに準決勝も突破。

決勝では相手に先行を許すも逆転勝利で見事金メダルです!

競技は違えど同じe-Sportsの分野で日本代表が活躍しているのはとてもうれしいですね。

日本でのe-Sportsのあり方も必ずいい方向に向かうでしょうし、LoL界もどんどん盛り上がるといいですね。

最後に

アジア競技大会のe-Sports部門は終了しました。。

日本が優勝したウイニングイレブンのニュースは様々なところで話題になっています。

これを見た今の10代が今まで以上にe-Sportsに関心をもってくれることは間違いないでしょう。

プロゲーマーとして生計を立てている人がいることを知れば親世代の見方も変わってくるはずです。

優勝したレバ選手、SOFIA選手、本当におめでとうございます。

そしてありがとうございます!


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年7月4日(水) 01:27 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ