2018年7月10日(火) 07:04 チャンピオンコメント(0)

【エイトロックス】 ルーン・ビルド・立ち回り・カウンター

クイックスタートマニュアル

エイトロックスのルーン

フラッシュテレポートイグナイト

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q E W Q Q R Q E Q E R E E

ファースト:ドランズブレードポーション

ブーツ:忍者足袋 ninjatabiマーキュリー

コア:ブラッククリーバーステラックの籠手ヨウム youmuガーディアンエンジェル

シチュエーション:タイタンハイドラデスダンスオーメンスプリットビサージュ

特徴

長所

■連続CCによる圧倒的バースト
■移動しながら蘇生できる
■武器がなくても火力がでる
■少数戦が強い

短所

■スキルが避けられやすい
■密着されると弱い
■ウルトの使いどころが難しい
■ゆえに集団戦の立ち回りが難しい

以前のエイトロックスとは違ってスキルメインのファイターに生まれ変わりました。

ゆえにスキルを外すと全くダメージを出せないのでどうしても練習が必要です。

リヴェンが好きだ、得意だという人には向いていると思います。

現状はバフが入りまくったため超絶OPチャンピオンになっておりレーニングでのカウンターはいないと言われています。

そしてナーフされまくっていい感じに落ち着きました。

サモナースペル

フラッシュテレポート

殺意の高い方はイグナイトで。

1v1が強いのでレーンで勝ち切りたいならありです(勝てなければ絶望)

スキルオーダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
スキル Q E W Q Q R Q E Q E R E E

味方ジャングラーがレベル2ガンクだとかレベル2先行でキル狙える場合はWとってもいいと思います。

ルーン

クールダウンの短縮もあり現在は電撃が主流です。

エイトロックスのルーン2

CCが豊富なエイトロと彗星の相性が良いことには変わりありません。対面がキツいときはこちらでもいいかもしれません。

エイトロの彗星

また不滅パスからは打ちこわし打ちこわしの選択もアリです。

エイトロはレーンに強いのでどんどんタワープレートを壊してゴールド差をつけられればチームにも大きなプラスになることでしょう。

ビルド

ファーストアイテム

ドランズブレードドランシールドポーション

対面によってシールドとブレードを選択しましょう。

Eのライフスティール効果を考えるとドランブレードのほうが相性はいいですね。

ブーツ

忍者足袋 ninjatabiマーキュリー

こちらも相手によって。

対面のことだけではなくチーム全体の要素を考えて積むといいです。

コアアイテム

ブラッククリーバーステラックの籠手ヨウム youmuガーディアンエンジェル

こんなにビルドが固まっているチャンピオンも多くはないですがあまり考えなくていいのが楽ですね。

Qが範囲で当たることから集団戦においてブラッククリーバーの効果がフルに発揮できます。

ガーディアンエンジェルはおなじみですね。2度復活のいやらしプレイをしてやりましょう。

対面がタンクチャンピオン以外の場合はヨウム youmuの脅威が強いです。

シチュエーションアイテム

タイタンハイドラデスダンスオーメンスプリットビサージュ

相手のAP/ADバランスが偏っているときは防具を積んでもいいと思います。

武器を積みまくるならタイタンハイドラデスダンスが強いと思います。

立ち回り

レーニング

Qを当てましょう。

もうこれだけです。

この当てるという表現は先っちょの打ち上げを当てるという意味で使っていきます。

一発目のQが当たった場合はAAを挟まず二発目を当てる意識でいったほうがいいです。

AAを当てようとすると距離が近づきすぎたり、相手がCC持っていたりすると二発目を使う前にクールダウンに入ってしまう恐れがあります。

Qだけで十分火力が出るので無理にAAを挟む必要はありません。

Wはちょっと注意。

基本的にはWを当てて真ん中に引き寄せられるところにQを置きにいくのが正しい使い方になります。

ただ当てたら相手は近づいてくるか離れるかすると思いますが引き寄せられるか引き寄せられないかでQのポジショニングが変わります。

追いかけてQを当てようとしたら真ん中にひょいって移動して先が当たらない、なんてことになるのでそうなることも踏まえてリカバリーしていきましょう。

Eの便利なところはQのモーション中にEで移動ができることです。(フラッシュも可)

ブリンク開始から1.5秒攻撃力が増加することからQの二発三発目に繋げられるのが理想です。

レベル2からバカみたいな火力がでるのでE→Qコンボは上手く使っていきましょう。

集団戦

ピールもできるしフラッシュを組み合わせればキャリーにも突っ込んでいけるのでなんでもできます。

スキルを回すために集団戦ではAAもしっかり入れていきましょう。

ウルトは移動速度上昇と火力上昇効果に加えて復活時の体力が増えることも考えると早めの使用がいいです。

トリンダメアのように死ぬ直前に使ってもゲージが溜まらずとても体力が低い状態での復活となります。

ただ復活中に移動できることを考慮するとタワーダイブからの生還や集団戦からの離脱のために使うというやり方もあります。

しかしOPすぎるので12秒間で死ぬ前に相手を殲滅していることでしょう・・・

立ち回りが難しいというよりQが当たるかどうかなのでリヴェンヤスオのように慌ただしいこともなければ一発の火力も重たい点で難易度はマシなほうと言えます。

ピール力の高さも考えればフォーカスミスの影響も低めと言えます。

あと気をつけなければならないのはCCです。

Qの再発動入力可能時間は4秒程度ですが一度止められてしまうと次を決めるのは相当難しくなります。

Eスキルやフラッシュを上手く使って相手のスキルを避けるか無茶せずいったん退くことも考えながら動きましょう。

対策方法・カウンター

カウンターチャンピオン

リヴェンマオカイポッピーダリウスガレンアーゴットクレッド

レーン対策

ブリンクかCCを持っていればエイトロのQを封じることができます。

Qのモーションに入ってからおよそ4秒経てばクールダウンに入るのでその隙を狙いましょう。

またWに対してもブリンクや移動速度アップがあれば簡単に出られますし、エイトロに近づいて攻撃するという手段もとれます。

ただし近づいて攻撃する場合はQの三発目には注意したいです。

三発目は非常に火力が高いのでエイトロ側からすればこれ一発入るだけでワースになるでしょう。

ミニオンを殴るだけでモリモリ回復するのでこれをさせないようにプレッシャーを与えられなければ負けです。

相手のエイトロの習熟度次第なところもありますが上手かったらマジで勝つのは難しいです。

序盤で相手の上手さを見極めてセーフティにいくかどうか決めましょう。

序盤さえ耐えきれば集団戦でエイトロが一人でキャリーするのは難しいです。

集団戦対策

復活系チャンピオンあるあるですが一人で突っ込みがちです。

そういう動きをしてきたら先に仕留めてしまいましょう。

復活中は移動速度が遅いので5v5でなければほぼ意味がありません。

いい感じのタイミングで入ってきたらとにかくQを避けること。

Qのないときに反撃していくほかありません。

あなたがタンクチャンピオンやCC持ちを使用しているなら自由にQを使わせないようにして味方を守りましょう。

とくに陣形の真ん中に上手く入られたら暴れられるのでしっかり止めましょう。

中盤以降タンクが育てばダメージは怖くないので強気にいって問題ありません

最後に

A太郎からQ太郎に生まれ変わった感触はどうでしょうか。

序盤はすさまじい火力が出るのでレーンで勝ちたいならこいつを使ってみてください。

ただ腐ると本当にやることないのがネックですね。

カウンターチャンピオンの紹介記事

ポッピーフィオラダリウスガレンアーゴットクレッド


ブログランキングに参加しています。
みなさまのワンクリックが力になります。

League of Legendsランキング

更新日時:2018年7月10日(火) 07:04 コメントする

コメントを残す

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ